徹底比較:Office 365、Office 2013、無料オフィスの意外な勝者は?三者の長所と短所を比べた

米MicrosoftのOffice 365とOffice 2013を比較して、さらにそれぞれと競合するオープンソースの他社製品とも比較すると、組織は費用とアプリの管理作業にかける労力を節約することができる。

2015年02月27日 08時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 これまで米Microsoftの「Office 2013」のProfessionalエディションを受け入れられなかった企業が、今は出費を抑えつつ生産性の向上を実現できる他のオプションを検討している。多くの場合、企業は「Office 365」とOffice 2013を並べて比較することになる。Office 365は初期投資が抑えられ、サービスレベルが広範囲で、オンプレミス版のOfficeとの互換性もあるからだ。

 広く普及しているMicrosoft製品とすっかり縁を切って、「LibreOffice」や「Apache OpenOffice」などのオープンソースのオフィススイート製品に乗り換えようとする企業もある。これらのツールはインストールが容易で使い方が簡単、そして何より無料で利用できる。

 どの選択肢にも、それぞれ長所と短所がある。結局Office 2013が最適だという結論に達する企業もあるだろう。本稿では、オフィススイート製品を比較し、企業が採用を決定する際に注目するべき要因を挙げていく。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


Office 365 vs. Office 2013

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。