2013年06月11日 08時00分 公開
特集/連載

Salesforceを快適に、マウス操作だけの画面開発ツール「SkyVisualEditor」クラウド時代の開発製品紹介:テラスカイ編

標準機能だけを使う分には生産性が高いSalesforce製品だが、画面開発には困難がつきまとう。簡単なマウス操作だけでVisualforceを自動生成するツールを紹介する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 本連載では、クラウドサービスやクラウドサービスに関する機能を開発するための製品を紹介する。今回は、Salesforceの画面開発ツールを扱う。


 読者であるIT部門の皆さんは、Salesforce CRMやForce.comを使っている事業部門から「標準機能だけでは足りないので、機能を追加してほしい」という依頼を受けることはないだろうか。開発者はSalesforceの機能である「Visualforce」を使って開発することになる。しかし、忙しいIT部門としては「急に依頼されても、ルーティン作業と予定されている開発案件だけで手いっぱい。対応はするけど、すぐにはできないかもしれない」という悩みにぶつかるだろう。一方、事業部門にとっても、「急にお願いするとIT部門に嫌な顔をされるし、外部の開発会社に頼めば高くつく。もし自分たちでできるなら、その方が早くて気が楽」となるのが本音かもしれない。

 そのような課題に対応するのが、テラスカイが開発・販売するSaaS型画面開発ツール「SkyVisualEditor」である。ユーザーは、VisualforceやApexを使わなくてもSalesforceの標準機能を簡単に拡張できる。2013年5月に開催されたイベント「Salesforce Customer Company Tour 東京」での講演やその後の個別取材を基に、SkyVisualEditorの特徴を紹介する。2012年、セールスフォース・ドットコムのパートナーアワードで「Best AppExchange Application Partner」(※)を受賞した製品だ。

※ AppExchangeにおいて販売実績、ユーザーの評価などが最も高かったパートナーに贈られる賞。

製品の概要:Salesforceの画面開発ツール

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...