2013年06月11日 08時00分 公開
特集/連載

Salesforceを快適に、マウス操作だけの画面開発ツール「SkyVisualEditor」クラウド時代の開発製品紹介:テラスカイ編

標準機能だけを使う分には生産性が高いSalesforce製品だが、画面開発には困難がつきまとう。簡単なマウス操作だけでVisualforceを自動生成するツールを紹介する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 本連載では、クラウドサービスやクラウドサービスに関する機能を開発するための製品を紹介する。今回は、Salesforceの画面開発ツールを扱う。


 読者であるIT部門の皆さんは、Salesforce CRMやForce.comを使っている事業部門から「標準機能だけでは足りないので、機能を追加してほしい」という依頼を受けることはないだろうか。開発者はSalesforceの機能である「Visualforce」を使って開発することになる。しかし、忙しいIT部門としては「急に依頼されても、ルーティン作業と予定されている開発案件だけで手いっぱい。対応はするけど、すぐにはできないかもしれない」という悩みにぶつかるだろう。一方、事業部門にとっても、「急にお願いするとIT部門に嫌な顔をされるし、外部の開発会社に頼めば高くつく。もし自分たちでできるなら、その方が早くて気が楽」となるのが本音かもしれない。

 そのような課題に対応するのが、テラスカイが開発・販売するSaaS型画面開発ツール「SkyVisualEditor」である。ユーザーは、VisualforceやApexを使わなくてもSalesforceの標準機能を簡単に拡張できる。2013年5月に開催されたイベント「Salesforce Customer Company Tour 東京」での講演やその後の個別取材を基に、SkyVisualEditorの特徴を紹介する。2012年、セールスフォース・ドットコムのパートナーアワードで「Best AppExchange Application Partner」(※)を受賞した製品だ。

※ AppExchangeにおいて販売実績、ユーザーの評価などが最も高かったパートナーに贈られる賞。

製品の概要:Salesforceの画面開発ツール

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...