社内外コラボレーションを促進する3つのForce.comアプリケーション業務課題別おススメForce.comアプリ紹介【第1回】

セールスフォース・ドットコムのAppExchangeで入手できるForce.comアプリケーションを業務課題別に紹介する本連載。第1回ではChatterとSkypeを活用してコラボレーションを促進するアプリケーションを紹介する。

2011年04月13日 09時00分 公開
[阿部友暁,ウフル]

CRMの枠を超えた総合業務アプリケーションへ

 「Salesforce CRM」はその名前の通り、そもそもはCRMSFAを行うツールである。しかし今やその枠組みを超えて、あらゆるビジネスアプリケーションを構築するプラットフォーム「Force.com」として多くのユーザーに利用されている。筆者が自社で請け負ったSalesforceの導入案件300件強のうち、その約半数はCRM/SFA以外のForce.comアプリケーションだ。

 Salesforce CRMを導入する際には標準機能であるCRM/SFA以外の付加機能も多く求められ、その付加価値が真に業務課題を解決する鍵になるといっても過言ではない。その付加機能を汎用的に利用できるようにパッケージ化して広く流通させる仕組みとして、「AppExchange」がある。これはSalesforce組織にワンクリックでアプリケーションをインストールすることができるマーケットプレースだ。また、その付加価値だけを取り出して専用アプリケーションとして提供するOEMアプリケーションプログラムという仕組みもある(関連記事:セールスフォース、国内のSIer/ISVにOEMパートナープログラムを提供)。

 本連載では、筆者のこれまでのSalesforce導入経験を踏まえてAppExchange上のおススメアプリケーションを業務課題別に紹介していく。これらを上手く活用することで、Salesforce CRMはCRMの枠を超えた総合業務アプリケーションとして生まれ変わる。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...