ビッグデータはもう“オワコン”? 撲滅すべき8つの迷信を整理する特選プレミアムコンテンツガイド

過大な期待が寄せられたビッグデータはブームが去り、実用的な技術が次々に登場している。だが、まだ多くの人にとってよく実態の分からないものになっている。ビッグデータにまつわる事実と迷信を整理する。

2015年09月18日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ビッグデータはもう“オワコン”? 撲滅すべき8つの迷信を整理する

 ビッグデータは過大な期待が寄せられたブームが終わり、実用的な技術が次々に登場している。事実、単に企業が関心を示すだけの対象ではなくなり、実際に活用され業務の一部として受け入れられるようになってきている。

 その一方で、これだけ取り沙汰されているにもかかわらず、まだ多くの人々にとってビッグデータは実態のよく分からないものになっている。その活用を進めるためには、まずはこの技術トレンドにまつわる事実と迷信を区別することが重要だ。

 本稿では、ビッグデータに関する実用技術の最新動向とそれにまつわる8つの迷信を整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。