2015年06月23日 15時00分 公開
特集/連載

昔ながらの“勘と経験の経営”を“データ主導経営”に変えるとっておきの方法Dellのデータ責任者がアドバイス(1/2 ページ)

データ分析を混乱なく浸透させるにはどうすべきだろうか。大手ITベンダーで最高データ責任者(CDO)を務める人物が、データ主導の企業文化を形成するための基本事項について説明する。

[Laura Aberle, Lauren Horwitz,TechTarget]
セルフサービス型BIの利用意向 出典:IDC Japan(TechTargetジャパン記事「“やるかやらないか”で二極化するビッグデータ活用 一般企業への浸透が進む」から)《クリックで拡大》

 米Dellの最高データ責任者(CDO)を務めるロブ・シュミット氏は、IT部門が道を譲るべきときを知っている。同氏は長年に渡ってアプリケーションの開発/サポート、システム運用、BI(ビジネスインテリジェンス)のIT業務に携わってきた。その過程において、テクノロジーによってビジネス部門の動きが機敏になるにつれ、IT部門が“影の助力者”ではなく“障害物”になるリスクを冒している状況を目の当たりにしてきた。

 Dellでデータ主導の企業文化を形成するというミッションにおいて、シュミット氏はIT部門とビジネス部門の関係を変える上で重要な役割を担った。同氏のイニシアチブによって、IT部門の多くの機能がビジネスユーザーに移管され、ビジネス部門がデータ分析を実行したり、独自のアプリケーションを開発したりできるようになった。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...