過去記事一覧 (2010 年)

12 月

/tt/news/1012/22/news02.jpg
BI製品紹介:クリックテック・ジャパン

独自の連想技術でインメモリ処理を実現する超高速BI「QlikView」

一般的なBIツールは、膨大なデータをDWHで一度整理してからデータマートやOLAPキューブを構成する集計処理が必要だ。人工知能でも用いられる連想技術を使い、集計処理なしに高速分析を可能にするBIツールを紹介する。

/tt/news/1012/20/news02.jpg
Salesforce Chatterでできること・できないこと【第1回】

Salesforce Chatterの基本機能とエディションによる違い

「Dreamforce 2010」で無償版が発表されるなど、話題を呼んでいるリアルタイムコラボレーションツール「Salesforce Chatter」。Chatterの基本機能、エディションによる違いを紹介する。

/tt/news/1012/13/news02.jpg
エキスパートに聞く情報系システム導入の現状:BI/OLAP編

BI普及のポイントは「使い勝手」、現場に根付くツール選びを

分析環境整備のためにBI導入を検討する企業が増えている。BIツールの最近の方向性や導入状況から、真にユーザーが求めるBIツールを考える。

/tt/news/1012/09/news01.jpg
失敗しないRFPの書き方(前編)

RFP作成の注意点 スクラッチの場合、パッケージ/SaaSの場合

システム投資に失敗しないために、比較的小規模のシステム導入でもRFPを作成しようと考える企業が増えてきた。本稿ではスクラッチ開発の場合、パッケージもしくはSaaS利用の場合、それぞれのRFP作成の注意点を解説する。

/tt/news/1012/07/news01.jpg
エキスパートに聞く情報系システム導入の現状:DWH編

大量データの高速処理化が進むDWH、積極化するユーザー企業の投資意欲

先の見えない現在は、過去データの分析だけでは対処できない想定外の要素によって事業の推進が不可能になる場合がある。「今何が起こっているか」をいち早くとらえるために、DWH導入意識が高まっている。

/tt/news/1012/03/news02.jpg
中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:ソーシャルグループウェア

メジャー製品からの乗り換えも ユーザー参加型で機能進化するグループウェア「iQube」

ソーシャル色の強い「iQube」。グループウェアSaaSであるとともに、社内外の多様なシステムとの連携を前提に開発されたプラットフォームとしての性格も持つ、「エンタープライズ2.0スイート」ともいえるサービスだ。

11 月

/tt/news/1011/29/news03.jpg
エキスパートに聞く情報系システム導入の現状:文書管理編

「文書管理」導入の目的はペーパーレス化だけじゃない、多様化する企業の課題

文書管理の目的は真っ先に思い付くペーパーレス化だけでなく、ナレッジマネジメント、ECMなど多様化している。企業は「文書管理製品」を探しているのではなく、自社の課題を解決する方法を探しているのだ。

/tt/news/1011/25/news05.jpg
サービスへの移行を明確に示したMicrosoft

オンラインOfficeスイートをめぐるMicrosoftとGoogleとIBMの戦い

クラウド型Officeスイート分野でGoogleに後れを取ったMicrosoftの強みは、Googleよりも企業の心情を理解でき、Googleには提供できないものを提供できる点だ。

/tt/news/1011/24/news05.jpg
中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:日本IBM

「Notesにはできないことを」――「LotusLive Notes」はグループウェアSaaSの決定版となるか?

日本IBMが2010年10月に提供を開始した「LotusLive Notes」。しかし、Lotus Notesの名を冠するものの“Lotus Notes/DominoのSaaS版”ではないという。オンプレミスではできない、新たなコラボレーションを創出するサービスとは何か。

/tt/news/1011/22/news05.jpg
Google、Amazonに追い付くための「いつもの戦術」

クラウド/仮想化分野で先手を許したMicrosoftの反撃

クラウド、仮想化、モバイルの分野でGoogleやAmazonに大きく後れを取ったMicrosoft。だが、かつてWebブラウザ市場で派手な逆転劇を演じた同社は、いつもの戦術で反撃に出た。

/tt/news/1011/19/news08.jpg
低予算・高品質かつ自社にマッチしたサービスを選ぶために

電子メールホスティングプロバイダー選びに必須の5つのステップ

社内ITサービスのアウトソーシング化に最も適しているのは電子メールシステムだ。低予算で高品質のサービスを提供するプロバイダーを選ぶための5つのステップを紹介する。

NEWS

国内企業のOSS導入、「オフィスソフトウェア」が導入検討プロジェクトのトップに

OSS導入を検討しているプロジェクトは「OSSのオフィスソフトウェアの導入」が20.6%と最多。OSSはデスクトップ環境での利用も加速し始めているようだ。

/tt/news/1011/12/news05.jpg
Google Appsへの乗り換えを食い止めることができるか

Microsoft Office 365とGoogle Apps、どちらがお得か?

Microsoftのクラウドサービス「Office 365」。「Google Apps」対抗といわれるこのサービスは中小企業にとって魅力的だが、果たしてどのような企業に向いているのか。

/tt/news/1011/10/news04.jpg
戦略構築のための関係者討議による目標設定

BI戦略の構築を始めるためのヒント──米ウェストミンスター大学の事例から

ウェストミンスター大学がBI戦略を成功させるために取り組んでいる計画を紹介する。

/tt/news/1011/09/news02.jpg
中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:沖縄クロス・ヘッド

SaaS化した「サイボウズ Office 8」が“最初のグループウェア”に最適な訳

グループウェアを初めて導入する企業、その刷新を検討する企業に向けてASP/SaaS型グループウェアを紹介する本連載。今回は、国産人気グループウェアをSaaS利用できる「サイボウズ Office 8」にフォーカスする。

/tt/news/1011/05/news03.jpg
専用アプリケーション開発で得られる効率化

クラウドコンピューティングで広がるソフトウェア再利用の可能性とは

自社向け専用アプリケーションの開発をクラウド環境で行えば、コードの再利用が容易となり、リスクとコストを抑えられるようになる。

/tt/news/1011/01/news05.jpg
BI導入に関するアンケート調査リポート

BI導入の課題は「導入効果の明確化」、中堅企業では「データ整備」も

TechTargetジャパン会員を対象に行ったBI導入に関するアンケートを基に、本稿では特に「BI導入の目的」「BI導入に関する課題」「BIで行いたいと考えている分析・管理」について、調査結果を報告したい。

10 月

/tt/news/1010/25/news02.gif
Microsoftの新コミュニケーションツール

SNSとつながるOutlook 2010の新機能「Outlook Social Connector」とは?

「Outlook Social Connector」は、さまざまなソーシャルネットワークの情報をOutlookで一元管理できるコミュニケーションツールだ。LinkedIn、MySpace、Facebookなどに対応する。

NEWS

日本IBMがLotusLive新サービス 「Notes/Domino相当」のメール/カレンダーSaaS

日本IBMはコラボレーションツールをSaaSで提供するLotusLiveにメール/カレンダーの新サービスを追加した。Lotus Notes/Dominoベースの機能を実現した点が売りとなる。

/tt/news/1010/19/news03.jpg
BIデータベースの効率的活用法

Microsoft SQL Server 2008 R2、セルフサービスBIを支える3つの機能とは?

ExcelやSharePointを利用したデータの分析・管理を可能とする、Microsoft SQL Server 2008 R2の新機能を解説する。

NEWS

シーイーシー、院内の医療文書の管理作業を軽減する文書管理システム

シーイーシーは病院内の医療文書を電子化して管理する文書管理システムを発表。ペーパーレス化と医療情報の共有化を推進し、業務の効率化を支援する。

/tt/news/1010/07/news01.jpg
プロジェクト管理ツール紹介:デンソークリエイト編

現場メンバーの改善活動を支援する工数・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX」

現場の業務改善において、重要な情報源となる日々の工数実績。しかし、現場のメンバーに毎日正確に入力させるのは難しいことでもある。今回は、実績入力の負荷を軽減する機能を追求したツールを紹介する。

9 月

/tt/news/1009/30/news01.jpg
BI製品紹介:SAS Institute Japan

BIを超えた分析力を企業文化に根付かせる「SAS Enterprise BI Server」

大手ITベンダーの買収によるBI製品の統合が進む中、専業ベンダーとして業種別分析ソリューションを強みとするSAS Institute Japan。BIの限界を超える同社のビジネスアナリティクス(BA)とは何か。

NEWS

「勘や度胸ではなく、科学的な経営管理を」──SASが経営管理・管理会計分析の新製品

「SAS Intelligent Scorecarding」および「SAS Intelligent Forecasting for Finance」を発表。IFRS適用やグローバル経営に対応する「予測型経営管理」を支援するという。

8 月

/tt/news/1008/19/news02.jpg
中堅・中小企業のための「データ見える化」術【最終回】

ストレージに埋もれた「データの見える化」を可能にする3つの対策

安価なファイルサーバやNASによって、保有データが少ない中小企業でもストレージにおけるデータ分散化が進んでいる。「大切なデータがどこにあるか分からない」を解決する方法を企業規模別に考えよう。

/tt/news/1008/16/news02.jpg
中小小売業のためのPOSデータ活用【第4回】

あるスーパーマーケットに見るPOSデータ分析の実践

POSデータの効果的な活用により、売上高や粗利益高の向上、販売機会ロスの削減や店頭在庫の適正化などに成功したスーパーマーケットの事例を紹介する。

7 月

NEWS

京阪百貨店、オラクルの仮想化プラットフォーム上にDWH環境を構築

オラクルは、京阪百貨店がオラクルの仮想化プラットフォーム上に、Oracle Enterprise Manager 11gらBI製品などを採用したと発表。京阪グループのリテール事業拡充を目指す。

/tt/news/1007/30/news03.jpg
BI製品紹介:マイクロソフト

「Microsoft SQL Server 2008 R2」+「Excel 2010」が目指すセルフサービスBI

マイクロソフトはSQL ServerとExcelの組み合わせでBI環境を提供してきた。そしてOffice 2010により、同社のBIはエンドユーザー自ら分析環境を構築できる「セルフサービスBI」へと進化した。

/tt/news/1007/29/news06.jpg
病院向けKPIを300種類以上搭載

病院の経営管理を支援するBIソリューション「Dr.MPM」

複数の調査機関が「医療機関の倒産件数や負債総額が増加傾向にある」と指摘するなど、その経営は危機的な状況にある。そんな中、医療機関を支援するBIソリューションの導入が進んでいる。

/tt/news/1007/20/news05.jpg
失敗の原因と対策

BIプロジェクトを成功させる3つのポイント

BI導入プロジェクトが失敗する原因の最たるものは計画の不備だ。プロジェクトを成功に導く3つのポイントを紹介する。

NEWS

アスペクト、UC機能を追加したワークフォース管理ソフトウェアの最新版

アスペクトは、ワークフォース管理ソフトウェア「Aspect Workforce Management 7.3」最新版にユニファイドコミュニケーション機能を追加。スケジューリングプロセスの効率化を目指す。

NEWS

白十字会、医療の質向上と効率化のためにBIシステムを活用

電子カルテシステムなど5つのシステムを連携し、医療分析や経営管理の分析基盤として活用している。

6 月

/tt/news/1006/24/news02.jpg
中小小売業のためのPOSデータ活用【第3回】

「商品分析」と「顧客分析」が店舗売り上げのキーファクター

POSデータ分析の基本となる「商品分析」と「顧客分析」を解説する。前回解説した店舗分析と併せて分析することで、より店舗の売り上げを向上する品ぞろえを実現できる。

NEWS

アシスト、病院経営管理に特化したBIソリューションを販売開始

経営目標と実際の実績データを連動させ、その状況を視覚的に評価・分析する機能を提供する。

/tt/news/1006/09/news01.jpg
中堅・中小企業のための「データ見える化」術【第3回】

中小企業にも有用なエンタープライズ検索で「分散データを見える化」する

グループウェアとファイルサーバ。どちらも文書共有手段として活用されるものだ。だが、データアクセスの使い分けの結果、必要なデータが両者に散らばってしまった。分散データを見える化する方法はあるのか。

5 月

/tt/news/1005/13/news01.jpg
中小小売業のためのPOSデータ活用【第2回】

POSデータによる店舗分析で「自分の店がどんな店か」を知る

分析専用ソフトを導入する前に、小売業者として最低限押さえておきたい分析手法がある。今回は店舗分析の基本と応用として、「ABC分析」「ACE分析」「相関分析」を解説する。

/tt/news/1005/10/news02.jpg
パフォーマンス低下を招く前に

おっと! SharePointのキャパシティープランニングを忘れていた

Microsoftのオンラインコラボレーションツール「SharePoint」を利用する際、適切なキャパシティープランニングをしておかないと性能低下などのトラブルを招くことになる。

4 月

NEWS

レナウンが日本オラクルのCMSを導入し、ECサイトを再構築

「Oracle Universal Content Management」を導入し、従来、ブランドごとに構築していたECサイトを統一。ASPサービス「e-Vans」の連携により、キャンペーン情報や会員専用情報などの迅速な公開と効率的な管理を実現した。

3 月

NEWS

マイクロソフト、Office 2010導入時の検証・トレーニングコストを削減する企業向け支援策

マイクロソフトは次期Office製品に関する記者説明会を開催し、既存版との互換性検証やトレーニング・インストール作業に掛かるコスト削減策を紹介した。

NEWS

ウイングアーク、BIツール「Dr.Sum EA」のデータを活用しやすくするダッシュボードツール

データ集計・分析や共有などDr.Sum EAの持つさまざまな機能を一画面上に集約でき、各データをユーザーが任意に最適配置できる。

NEWS

日本HPと日本オラクル、HP/Oracle環境へのマイグレーションで協業強化

日本HPと日本オラクルは協業を強化し、Oracle GRID Centerを活用したソリューション開発などを通して、他社環境からHP/Oracle環境へのマイグレーションを加速させる。

NEWS

アスペクト、コンタクトセンター向けUC製品などをメキシコのBanco Wal-Martに納入

アスペクトのStreamlined Collectionsなどを導入することで、回収業務の生産性を150%、音声セルフサービスの活用率を50%向上、個人認証番号(PIN)のリプレース処理コストを10万ドル削減したという。

NEWS

ドリーム・アーツ、EIP型グループウェアの最新版で50種以上の機能追加拡張

最新版では、モバイル画面の刷新やスマートフォン対応機種拡大のほか、顧客からの要望を中心に50種以上の機能を追加・拡充し、使い易さを向上した。

NEWS

DICがOKIの社内SNS「Crossba」を採用、社員間コミュニケーションを強化

DICは、部門や役職などの壁を越えたコミュニケーション/情報共有ツールとしてOKIが2009年11月に稼働開始した企業向けSNSを採用した。

NEWS

リコーとアシストマイクロ、複合機を使った文書管理ソフトを発売

Xythos Connector for imagioは、文書管理ソフトと複合機のimagioを連携させるソフト。imagioでスキャニングされた情報がWebDAV通信でXythosに登録される。

NEWS

ネットマークス、IM機能などを追加したSaaS型コミュニケーションツールの最新版

社内でリアルタイムにメッセージ交換できるインスタントメッセージ機能などが追加。SaaS型コミュニケーションツールとしての利便性を向上したという。

NEWS

インテック、Webブラウザで閲覧できる電子帳票システムを発表

インテックは、画像やバーコードを含むイメージ帳票、PDF帳票をWebブラウザで表示し、検索・印刷できるクラウド型電子帳票システムを発表した。

NEWS

テラデータが大容量データ分析製品の新シリーズ、クラウド向けDWHも展開

日本テラデータは、プラットフォーム製品の新シリーズとして、エンタープライズDWHサーバの最上位モデル、DWH入門企業向けのDWHアプライアンス、大容量データ分析専用アプライアンスの3つを発表した。

NEWS

インフォテリア、TwitterやGoogleカレンダーと連携するスマートフォン向けスケジュール管理アプリ「TwitCal」

会議やセミナーの予定をTwitterやメール経由で告知・共有でき、TwitCalユーザー間でのスケジュール同期も可能。今後はEvernoteとの連携やAPI提供などが予定されている。

NEWS

シー・エス・イーとブイキューブ、最大300拠点対応のオンライン教育システムを提供

シー・エス・イーとブイキューブは、授業、セミナーなどの教育コンテンツの配信・運営・管理や、教員活動、就職指導、生徒のメンタル診断などが1つになったオンライン教育システムを提供する。

/tt/news/1003/04/news01.jpg
中堅・中小企業向けプロダクトレビュー

カンタンBIをさらに導入しやすく――J-SaaS型経営分析ツール「集計SaaS」

「集計SaaS」はJ-SaaSプラットフォーム上で提供されるWeb型データ活用ソリューションだ。Dr.Sum EAの簡易版をSaaS化し、SMBにとって取っつきにくかったBIの導入を手ごろな料金で後押してくれる。

NEWS

フィードパス、企業間のコラボレーションサービス「feedpath Rooms」開始

フィードパスは、企業間のコラボレーションサービス「feedpath Rooms」を提供開始した。企業の垣根を越え、「必要な情報を必要なメンバーで共有する」ことが可能だ。

NEWS

「ユーザー中心のコミュニティーサイト構築を」 サイトコア、日本法人を設立

Webコンテンツ管理製品(WCMS)を提供するサイトコアは、アジア初拠点となる日本法人を設立した。CEOのサイファート氏は「日本市場は大きなチャンス」と期待を寄せている。

/tt/news/1003/01/news02.jpg
中小小売業のためのPOSデータ活用【第1回】

店舗の利益構造から考えるPOSデータ活用法

POSデータ活用の目的はあくまでも「売り上げ・利益の拡大」だ。その目的から目をそらさないために、店舗の利益構造の適正化・拡大という観点でPOSデータ活用方法を解説する。

2 月

NEWS

ERPと連携したECM活用が次世代のコンテンツ管理基盤に――オープンテキスト

オープンテキストはECM製品に関する戦略説明会を開催。来日したCEOのジョン・シャクルトン氏らが市場動向を踏まえた今後の企業コンテンツ管理の在り方を説いた。

NEWS

日本ネティーザ、中堅・中小企業向けDWHアプライアンス「Netezza Skimmer」

汎用ブレードサーバや、ユーザーの問い合わせに応じて必要データの読み出しと不要データ排除を同時実行する技術を搭載。セントラルDWHから部門DB/データマートに至るまで幅広い企業ニーズを満たすという。

NEWS

日立、連結納税ソリューション「C-Taxconductor」をSaaS型で提供

連結納税ソリューション「C-Taxconductor」をSaaS型で提供する。一部アプリの利用環境にシンクライアントを採用。導入費用を抑えるだけでなく迅速に連結納税制度に対応できる。

NEWS

「社内外にあふれる情報の分析/活用がビジネス最適化の近道」、SASの2010年戦略

SASが2010年度上期の戦略を発表。経営分析ソリューションBusiness Analyticsを中心に顧客分析/リスク管理分野を強化し、パートナーとの協業を加速する。

NEWS

東京エレクトロン デバイス、デルのサーバをパッケージ化したDWH製品

国内総販売代理店を務める米GreenplumのDWH用エンジン「Greenplum Database」とデルのサーバ「PowerEdge R510」をパッケージ化。プライベートクラウド環境構築のプラットフォームとして提案する。

NEWS

いいじゃんネット、モバイルソリューション「CACHATTO」とグループスケジューラ「HI賢者Web」を連携

Lotus Notes/Dominoでのスケジューリング機能を強化し、外出先からメンバー間のスケジュール調整や施設予約などが短時間でできるようにした。

NEWS

富士通SSL、「RSS企業内活用サービス」にサーバ使用料を含めた新メニューを追加

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、RSS自動収集したWebサイト情報を組織内で共有できる「RSS企業内活用サービス」に月額5万2500円の新メニューを追加した。導入後すぐに活用できる。

NEWS

サイボウズ、グループウェアとスマートフォンを同期する「サイボウズモバイル KUNAI」

サイボウズは、グループウェアとスマートフォンを連携させた同期アプリケーション「サイボウズモバイル KUNAI」を発売する。

NEWS

サイボウズ総研とアプレッソ、ガルーン 2とGoogleカレンダー/SharePointがスケジュール連携できる製品を開発

サイボウズ総合研究所とアプレッソは、ガルーン 2と複数のグループウェアやSFA製品のスケジュール情報を単・双方向に自動同期できるソフトを発表した。30ユーザーで66万円から。

NEWS

NECとネティーザ、大量データ分析が可能なDWHアプライアンス製品を共同開発

NECと米ネティーザは、製造業、流通業などをターゲットとしたデータウェアハウスアプライアンス製品を共同開発する。4月から販売開始し、価格は5300万円(税別)から。

NEWS

東芝ソリューション、現場の見える化システムを新日本空調に納入

東芝ソリューションは、ナレッジマネジメント支援ソフト「KnowledgeMeisterシリーズ」に現場が抱える問題や蓄積技術を他部門にまたがり共有・活用できる新機能を追加。2月から本格運用を開始した。

NEWS

大塚商会、JTBグループらと連携し出張手続きを一元管理できる新ソリューションを提供

大塚商会はOSKの統合型グループウェア「eValueNS」上で出張申請からチケットの手配、精算までを電子承認で一元管理できる出張管理ソリューションを発表した。5月より提供開始する。

1 月

NEWS

ジャストシステム、WebサイトのFAQ作成支援システムを低価格ASPで提供する新サービス

ジャストシステムは、同社の統合FAQソリューション「ConceptBase FAQ 2.0」を月額15万円から利用できる新サービスを発表。2月15日からASPで提供開始する。

NEWS

Ji2と日本HP、日本企業向けe-Discoveryソリューションで協業

Ji2と日本HPは、e-Discoveryソリューションの導入およびコンサルティングで協業する。海外で事業を展開する日本企業がターゲットとなる。

NEWS

ユニアデックスとユニシス、学校Webサイト制作のテンプレートをSaaS型で無料提供する新サービス

ユニアデックスとユニシスは、SaaS型情報共有基盤サービス「NeXtCommons」に、新型インフルエンザや不審者などの情報を教員らが容易に配信できるテンプレートを追加した。

NEWS

聖路加国際病院、電子カルテ情報の蓄積・抽出にDWH用DB「Sybase IQ」を採用

聖路加国際病院は、電子カルテに記載された各種診療データの保存先として、サイベースのDWH用データベース「Sybase IQ」を採用。より高質な医療サービスの提供、および業務効率の向上を図る。

NEWS

シックス・アパート、大規模サイトにも対応する企業向けCMS「Movable Type Advanced」

シックス・アパートは、Web管理ソフトウェア「Movable Type 5」をベースに、企業向けCMSに必要な機能を拡張した新製品「Movable Type Advanced」を発表した。

NEWS

ワンライフ、デザイナー集団が開発した中小企業向けCMS 月額1万5750円から提供

ワンライフは、初心者でも手軽にページを構築できるCMS「contents player」の正式バージョンを2月1日に販売開始する。SEO対策やログ解析を標準装備し、中小企業向けに特化して開発した。

NEWS

富士電機RSがAccela BizSearch を採用、Notes上のナレッジをピンポイントで検索

富士電機リテイルシステムズは、Lotus Notes/Domino上のDB検索にアクセラテクノロジのエンタープライズサーチを採用。必要なナレッジをスマートフォンでもアクセス可能にし、販売後メンテナンスやサポート体制を強化した。

NEWS

インフォテリア、既存コンテンツを取り込めるiPhoneコンテンツ作成・配信サービス

インフォテリアは、iPhone用コンテンツの作成・配信・閲覧をするサービスの最新版「Handbook 1.5」の提供を開始した。既存コンテンツをXML形式に変換するだけで、簡単にHandbookに取り込むことができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...