2010年02月17日 09時00分 公開
ニュース

東京エレクトロン デバイス、デルのサーバをパッケージ化したDWH製品NEWS

国内総販売代理店を務める米GreenplumのDWH用エンジン「Greenplum Database」とデルのサーバ「PowerEdge R510」をパッケージ化。プライベートクラウド環境構築のプラットフォームとして提案する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 東京エレクトロン デバイスは2月16日、国内総販売代理店を務める米Greenplumのデータウェアハウス(DWH)用エンジン「Greenplum Database」とデルサーバ「PowerEdge R510」をパッケージ化したDWH製品を発表した。同社とGreenplum Databaseの販売代理店を通じて4月1日より受注を開始、5月17日より出荷開始される。

 製品価格は、16CPUコア、物理容量48TバイトのSATAディスク(SAS 14.4Tバイトモデルも選択可)による最小構成で、初年度保守料を含めて2200万円(税別)から。「パッケージ化したことで、従来のDWHアプライアンス製品に比べて比較的安価での提供が可能になった」(東京エレクトロン デバイス CN事業統括本部 プロダクト推進部 二宮 潤氏)という。

画像 新製品のパッケージ概要

 Greenplum Databaseは、容量重視/性能重視など、ユーザーの要望に応じて汎用のIAサーバを増加できるDBエンジン。ノード当たりのデータ量を細分化できるシェアードナッシング型の超並列処理技術を実装しており、DWH構築におけるシステム設計時間を大幅に短縮する。大規模データを扱うDWHに最適だという。同社では社内に同パッケージと同環境のシステムを構築しており、導入前の性能評価なども請け負うとしている。

 PowerEdge R510は、12本のローカルディスク(最大24Tバイト)を搭載できる高拡張性を特長としたラックマウント型のPCサーバ。Greenplum Databaseアレイに用いる分散ストレージユニットとの親和性が高く、DWHシステム全体の性能向上に貢献するという。

画像 新製品のパッケージ構成例

 同社では本パッケージ製品を、インターネット関連企業や通信事業者を中心に、アクセスログ分析用途やプライベートクラウド環境構築のプラットフォームとして提案する考え。販売規模は今後3年間で5億円の売り上げを見込む。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...