2007年08月27日 19時22分 公開
ニュース

NECとオラクル、大規模グリッド環境でのDWHシステムのスケールアウトを実証NEWS

NECのブレードサーバシステムを用いたスケールアウト構成の大規模グリッド環境データウェアハウス(DWH)システムで、7.69倍の検索性能高速化を実証

[TechTarget]

 NECと日本オラクルは8月27日、NECのブレードサーバシステムを用いたスケールアウト構成の大規模グリッド環境データウェアハウス(DWH)システムにおいて、検索性能の向上を実証したと発表した。これは両社の協業の一環として実施されたもので、日本オラクルが2006年11月に開設したグリッド環境を備える検証センター「Oracle GRID Center」における両社初の共同成果となる。

 環境は、NECのブレードサーバシステム「SIGMABLADE-M」にCPUブレード「Express5800/120Bb-6」を8ノード搭載。ストレージには、iStorage Dシリーズ「iStorageD3-10」を使用。Linux上に「Oracle Real Application Clusters 10g」と「Oracle Database 10g」の「Compress機能」を用いたDWHシステムを構成し、検証を実施した。

 その結果、Oracle Real Application Clusters 10gを用いたDWHシステムのスケールアウト構成において、Oracle Database 10gの「Internode Parallel Query機能」により、8ノード構成が1ノード構成に比べて7.69倍の検索性能高速化を実現。Oracle Database 10gのInternode Parallel Query機能の有効性とともに、サーバ増設に伴うスケールアウトを実証したという。

 両社は今後、今回の検証活動で蓄積した構築・チューニングノウハウを活用し、中小規模から大規模のDWHシステムの拡販、構築に向けた取り組み強化を図るとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...