NECとオラクル、大規模グリッド環境でのDWHシステムのスケールアウトを実証NEWS

NECのブレードサーバシステムを用いたスケールアウト構成の大規模グリッド環境データウェアハウス(DWH)システムで、7.69倍の検索性能高速化を実証

2007年08月27日 19時22分 公開
[TechTarget]

 NECと日本オラクルは8月27日、NECのブレードサーバシステムを用いたスケールアウト構成の大規模グリッド環境データウェアハウス(DWH)システムにおいて、検索性能の向上を実証したと発表した。これは両社の協業の一環として実施されたもので、日本オラクルが2006年11月に開設したグリッド環境を備える検証センター「Oracle GRID Center」における両社初の共同成果となる。

 環境は、NECのブレードサーバシステム「SIGMABLADE-M」にCPUブレード「Express5800/120Bb-6」を8ノード搭載。ストレージには、iStorage Dシリーズ「iStorageD3-10」を使用。Linux上に「Oracle Real Application Clusters 10g」と「Oracle Database 10g」の「Compress機能」を用いたDWHシステムを構成し、検証を実施した。

 その結果、Oracle Real Application Clusters 10gを用いたDWHシステムのスケールアウト構成において、Oracle Database 10gの「Internode Parallel Query機能」により、8ノード構成が1ノード構成に比べて7.69倍の検索性能高速化を実現。Oracle Database 10gのInternode Parallel Query機能の有効性とともに、サーバ増設に伴うスケールアウトを実証したという。

 両社は今後、今回の検証活動で蓄積した構築・チューニングノウハウを活用し、中小規模から大規模のDWHシステムの拡販、構築に向けた取り組み強化を図るとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...