2006年03月06日 08時32分 UPDATE
特集/連載

Column頓挫したデータウェアハウスを再生させるには――成功への9つのステップ

データウェアハウジング構想が成功すれば、収益の拡大とコストの削減というメリットが得られる可能性があるが、プロジェクトが頓挫することも少なくない。データウェアハウスの再生に成功したスプリント・ネクステルのITエキスパートが用いた手順を紹介する。

[TechTarget]

 データウェアハウス・プロジェクトは、鳴り物入りで立ち上げられるものの、期待を裏切る結果になることが多いのが実情だ。しかし、たいていの企業は頓挫したデータウェアハウス構想を断念することはなく、新たな戦略や新たなスタッフ、あるいは新たなフォーカスによってプロジェクトの仕切り直しをするという。

 米携帯電話大手のスプリント・ネクステルは、一度は頓挫したデータウェアハウジング・プロジェクトを復活させ、コスト削減と収益拡大につながる戦略的プログラムへと変貌させた。

 このプロジェクトを率いたITディレクターが、自社のデータウェアハウジング計画を復活させるために採用した9つのステップからなる手順を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...