2006年03月06日 08時32分 UPDATE
特集/連載

Column頓挫したデータウェアハウスを再生させるには――成功への9つのステップ

データウェアハウジング構想が成功すれば、収益の拡大とコストの削減というメリットが得られる可能性があるが、プロジェクトが頓挫することも少なくない。データウェアハウスの再生に成功したスプリント・ネクステルのITエキスパートが用いた手順を紹介する。

[TechTarget]

 データウェアハウス・プロジェクトは、鳴り物入りで立ち上げられるものの、期待を裏切る結果になることが多いのが実情だ。しかし、たいていの企業は頓挫したデータウェアハウス構想を断念することはなく、新たな戦略や新たなスタッフ、あるいは新たなフォーカスによってプロジェクトの仕切り直しをするという。

 米携帯電話大手のスプリント・ネクステルは、一度は頓挫したデータウェアハウジング・プロジェクトを復活させ、コスト削減と収益拡大につながる戦略的プログラムへと変貌させた。

 このプロジェクトを率いたITディレクターが、自社のデータウェアハウジング計画を復活させるために採用した9つのステップからなる手順を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。