富士通SSL、「RSS企業内活用サービス」にサーバ使用料を含めた新メニューを追加NEWS

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、RSS自動収集したWebサイト情報を組織内で共有できる「RSS企業内活用サービス」に月額5万2500円の新メニューを追加した。導入後すぐに活用できる。

2010年02月10日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(SSL)は2月9日、Webサイトの最新情報をRSS配信する「RSS企業内活用サービス」に、サーバ1台分(ユーザー数無制限)の使用料を含めた新メニューを追加した。2月10日より提供開始され、料金は月額5万2500円。

 同サービスには、RSS未対応のWebサイトからRSSを自動生成するソフトウェア「ShunreaderRSS Enterprise」の使用料ほか、サーバ使用料/各種保守サポート/サーバの初期セットアップ/導入設定作業が含まれている。契約後すぐに運用でき、サイトとキーワードの2つの切り口で社内外から自動収集した情報を組織内で共有できるなど、RSS配信の効果的な活用を可能にしたという。

 なお、同サービスは初回契約の1年間を過ぎれば、月単位でいつでも解約できる。同社では今後も月額サービスメニューを充実させていくとしている。

関連ホワイトペーパー

サーバ | 富士通 | 運用管理


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...