2010年05月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

パフォーマンス低下を招く前におっと! SharePointのキャパシティープランニングを忘れていた

Microsoftのオンラインコラボレーションツール「SharePoint」を利用する際、適切なキャパシティープランニングをしておかないと性能低下などのトラブルを招くことになる。

[Stephen Cummins,TechTarget]

キャパシティープランニングはなぜ省略されるのか

 SharePointのキャパシティープランニングに関して多くの企業が犯す最大の過ちは、プランニング作業そのものを怠ることだ。なぜそんなことが起きるのだろうか。理由はたくさんある。

 第一に、SharePointは多階層型アプリケーションであるため、キャパシティープランニングが非常に複雑になることがある。Windowsファイルシステム、Active Directory(以下、AD)、.NET Framework、Internet Information Services、SQL Serverのさまざまなキャパシティー制限に関する知識も不可欠だ。これらの制限を知っていれば、パフォーマンス、ユーザーエクスペリエンス、SharePointの拡張の妨げになるようなボトルネックを防ぐことができる。

 キャパシティープランニングを省略する理由としてよく挙げられるのが、「非現実的な期限のせいで十分な時間がない」「現在あるいは過去の利用率に関するデータが不足しているために、今後の拡張ペースを正確に予測できない」といったものだ。「SharePointでは情報がどのように保存・管理されているのかよく分からない」といった理由もあるだろう。

 どういった理由であれ、キャパシティープランニング作業に役立つ指針が幾つかあるので、それらを以下に紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...