2010年03月23日 09時00分 公開
ニュース

ドリーム・アーツ、EIP型グループウェアの最新版で50種以上の機能追加拡張NEWS

最新版では、モバイル画面の刷新やスマートフォン対応機種拡大のほか、顧客からの要望を中心に50種以上の機能を追加・拡充し、使い易さを向上した。

[TechTargetジャパン]

 ドリーム・アーツは3月18日、大規模向け企業情報ポータル(EIP)グループウェア「INSUITE Enterprise」(以下、インスイート)の最新版(ver.2.4)を発表した。3月23日から販売する。

 インスイートは、企業情報ポータル機能やスケジュール管理機能、Webメール機能などを備えた大規模向けのグループウェアだ。

 最新版のインスイート ver.2.4では、モバイル画面の刷新やスマートフォン対応機種を拡大したほか、顧客の要望を中心に50種以上の機能を追加・拡充し、使いやすさを向上した。

画像 モバイル画面では、緊急度や重要度を知らせるアイコンを表示

 主な追加機能には、アプリケーションサーバとIMAPサーバ間を行き交うデータをSSLで暗号化した「メールの暗号化」、ポータル画面の最上部にメッセージを流せる「テロップ形式の通達機能」がある。

画像 テロップ形式の通達イメージ(「DAコーポ様から1500万円の発注書いただきました! 川端さんおめでとう!」の個所)《クリックで拡大》

 価格は、1000ユーザーのライセンス契約の場合、ポータルライセンス価格は1ユーザー当たり4600円(税別)、グループウェアライセンス価格は1ユーザー当たり5400円(税別)。既存ユーザーのバージョンアップによるライセンス費用は無償。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...