ドリーム・アーツ、大規模向けEIP型グループウェアをiPhoneフル対応にNEWS

大規模向け企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE Enterprise」を、次期バージョンよりiPhoneをはじめとする次世代スマートフォンに全面対応していく。

2008年07月14日 18時16分 公開
[TechTargetジャパン]

 ドリーム・アーツは7月14日、同社の大規模向け企業情報ポータル(EIP)型グループウェア「INSUITE Enterprise」を「iPhone 3G」に全面対応していくと発表した。

画像 ログイン画面
画像 トップ画面

 INSUITE Enterpriseは、PCや携帯電話、PDAなどのWebブラウザから、場所や時間を選ばずに情報にアクセスできる、大企業・大組織向けEIP型グループウェア。8万ユーザーを超える日本最大規模のEIPとして日本郵政グループ(旧日本郵政公社)に採用されている。EIPでは、多機能でありながら直感的で使いやすいユーザーインタフェース(UI)が非常に重要であることから、UIに革新をもたらしたiPhoneへの全面対応を決定したという。ドリーム・アーツでは、ITリテラシーに依存せずすべてのユーザーが自在に活用できるUIデザインの開発に継続して取り組んでおり、今後も次世代ビジネスモバイルへの対応を進めていくとしている。

 今回のINSUITEのiPhone対応は、PC用OSをベースとした高性能スマートフォンの登場や、ワイヤレスブロードバンド技術が実用化する2009年以降、国内でスマートフォンのビジネスユースが本格化するとの同社の予想に基づくもの。iPhone 3Gへの全面対応をはじめ、今冬リリース予定のINSUITE Enterpriseの次期バージョンから、次世代スマートフォンへの対応を本格化させる。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | ポータル | Web2.0 | ブラウザ | 携帯電話


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。