2008年07月14日 18時16分 公開
ニュース

ドリーム・アーツ、大規模向けEIP型グループウェアをiPhoneフル対応にNEWS

大規模向け企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE Enterprise」を、次期バージョンよりiPhoneをはじめとする次世代スマートフォンに全面対応していく。

[TechTargetジャパン]

 ドリーム・アーツは7月14日、同社の大規模向け企業情報ポータル(EIP)型グループウェア「INSUITE Enterprise」を「iPhone 3G」に全面対応していくと発表した。

画像 ログイン画面
画像 トップ画面

 INSUITE Enterpriseは、PCや携帯電話、PDAなどのWebブラウザから、場所や時間を選ばずに情報にアクセスできる、大企業・大組織向けEIP型グループウェア。8万ユーザーを超える日本最大規模のEIPとして日本郵政グループ(旧日本郵政公社)に採用されている。EIPでは、多機能でありながら直感的で使いやすいユーザーインタフェース(UI)が非常に重要であることから、UIに革新をもたらしたiPhoneへの全面対応を決定したという。ドリーム・アーツでは、ITリテラシーに依存せずすべてのユーザーが自在に活用できるUIデザインの開発に継続して取り組んでおり、今後も次世代ビジネスモバイルへの対応を進めていくとしている。

 今回のINSUITEのiPhone対応は、PC用OSをベースとした高性能スマートフォンの登場や、ワイヤレスブロードバンド技術が実用化する2009年以降、国内でスマートフォンのビジネスユースが本格化するとの同社の予想に基づくもの。iPhone 3Gへの全面対応をはじめ、今冬リリース予定のINSUITE Enterpriseの次期バージョンから、次世代スマートフォンへの対応を本格化させる。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | ポータル | Web2.0 | ブラウザ | 携帯電話


ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...