WhatsAppなどの「メッセージングアプリ」を使った銀行に罰金 何が問題なのか?従業員の「メッセージングアプリ」使用に注意【前編】

米国の大手銀行が、銀行員のメッセージングアプリケーション利用を巡る問題で、規制当局から罰金支払いを命じられた。何が問題となったのか。

2022年12月23日 05時00分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

 米国の大手銀行は、行員のメッセージングアプリケーション使用を巡る問題で、規制当局から罰金の支払いを命じられた。問題となったのは、銀行員による「WhatsApp」といったメッセージングアプリケーションの業務利用だ。

強まる「メッセージングアプリ」への規制

 メッセージングアプリケーションの業務利用に関して、米国の規制当局は2022年9月、銀行16行に対して銀行側の監督不十分を理由に、それぞれ最大約200万ドルの罰金支払いを命じた。

 英国の金融監督機関であるFCA(金融行動監視機構)もこの問題を受け、メッセージングアプリケーションや私物デバイスの行員による使用慣習について、銀行への調査と話し合いを進めている。

 通信社Bloombergの報道によると、FCAは以下のような大手銀行に対し、行員のショートメッセージサービス(SMS)やメッセージングアプリケーションの使用頻度と使用目的に関する情報公開を要請している。

  • Deutsche Bank
  • Citigroup
  • JP Morgan Chase
  • Nomura Holdings

 後編は、メッセージングアプリケーションの業務利用に潜む具体的なリスクについて解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...