2022年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

データセンター障害の「損失」を悪化させる“真犯人”は変化に迫られるデータセンターの実態【第4回】

データセンター設計の認定機関が実施した調査によると、データセンターの機能停止時のコストは上昇傾向にある。その理由とは。

[Caroline DonnellyTechTarget]

 データセンター設計の認定機関Uptime Instituteはデータセンターに関する年次レポート「The Uptime Institute Global Data Center Survey 2022」を2022年9月に公表した。調査によると、データセンターの機能停止時に発生するコストは上昇傾向にある。何が原因なのか。

データセンター障害の損失が悪化する理由は

 調査は2022年前半にUptime Instituteが実施したもので、世界中のデータセンターのオーナーや事業者約800人と、データセンターのサプライヤーや設計者、アドバイザー約700人を調査対象にした。

 直近で発生した機能停止の際にかかったコストについて、回答者の25%は「100万ドルを超えた」と答え、45%は「10万〜100万ドルだった」と回答した。このコストが10万ドル以上だった回答者は2019年以降に増加を続けている。この傾向は続くとUptime Institute Intelligenceはみる。

 データセンターの機能停止で発生するコストが上昇するのは、複数の要因が組み合わさった結果だとレポートは説明する。要因は、

  • インフレ
  • サービス品質保証(SLA)違反
  • 人件費
  • 交換部品費用

など多岐にわたる。中でも大きな要因は、デジタルサービスやデータセンターへの経済活動の依存度が高まっていることだ。データセンターの機能が停止するとその影響で業務が中断し、企業の損失につながりやすい。

 Uptime Institute Intelligenceで調査部門のエグゼクティブディレクターを務めるアンディ・ローレンス氏は調査結果について、レジリエンス(障害発生時の回復力)や信頼性向上を目的とした投資が目立ち、ITインフラ部門は順調に成長と拡大を続けていると評価する。その一方でローレンス氏は、「電力使用効率の改善や人材確保などやるべきことが残っている」と課題を指摘する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...