データセンターの電力使用効率「PUE」は10年でどう変わった?変化に迫られるデータセンターの実態【第2回】

データセンター設計の認定機関が実施した調査は、データセンターの電力使用効率に言及した。データセンターの電力使用効率は約10年でどのように変化したのか。その背景にあるものとは。

2022年12月12日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 データセンター設計の認定機関Uptime Instituteはデータセンターに関する年次レポート「The Uptime Institute Global Data Center Survey 2022」を2022年9月に公表した。同機関がレポートで分析したのは、データセンターにおける電力使用効率の変化だ。2000年代から2022年にかけて電力使用効率はどう変わり、何がそれに影響を与えたのか。

約10年でデータセンターの「電力使用効率」に起きた変化

 調査はUptime Instituteが2022年前半に実施した。世界中のデータセンターのオーナーや事業者約800人と、データセンターのサプライヤーや設計者、アドバイザー約700人が調査対象となった。

 レポートによると、炭素排出量と使用水量の記録を実施している事業者は、それぞれ30%台にとどまった。一方で事業者が広く実施できているのは、電力使用効率の把握だ。9割近くの事業者が、電力使用効率についてのデータを、適切に収集していた。電力使用効率は最終損益に直接的に影響するからだと考えられる。

 データセンター全体の電力使用量に関するレポートを作成していると答えた回答者は85%に上った。データセンターのIT機器の電力使用効率を測る指標「PUE」(Power Usage Effectiveness)を注視していると答えた回答者は73%に達した。

 PUEの値は、小さいほど電力使用効率が良いとみなす。調査によると、2007年から2018年にかけて、年平均のPUEは2.5から1.58へと下がり大きく改善したものの、2018年から2022年にかけては、ほぼ横ばいの状態が続いている。

 レポートによると、2007年以降にPUEが改善されてきたのは以下の改善策が導入されてきた結果だ。

  • アイルコンテインメント(物理的にラック架列を密閉し、熱い空気と冷たい空気を分ける空調最適化手法)の使用
  • 冷却制御装置の最適化
  • サーバの吸気温度の上昇

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...