データセンター人材に必要な基礎知識 「オンライン大学」で何を学ぶ?データセンターの「スキルギャップ」問題【前編】

データセンター業界の「スキルギャップ問題」を解決するため、Schneider Electricは無償のオンライン学習プログラムを提供する。何を学べるのか。

2022年09月30日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 大手電機メーカーSchneider Electricは、データセンター業界が抱えるスキルギャップ(仕事に必要なスキルと、従業員が持つスキルの差)を解消するための取り組みを強化している。その一環で実施するのが、データセンターの基礎知識を習得させるための学習支援だ。

データセンター特化の「オンライン大学」で学べる基礎知識

 Schneider Electricはデータセンターオンライン学習プログラム「Schneider Electric University」を無償で提供する。学習者は、施工管理者を対象とした継続教育制度(CPD:教育プログラムを共有化し、学習時間を単位に換算し付与する制度)の認定プログラムを受講することで、データセンターで用いられる技術と、関連知識の獲得およびアップデートが可能となる。例えばエネルギー効率に優れた、持続可能なデータセンターの構築方法といった最新の手法を学ぶことができる。

 180カ国の65万人以上が、100万種類以上の学習プログラムをSchneider Electric Universityで学んできた。Schneider Electricは学習プログラムで扱うトピックの拡大に取り組んでいる。

 「データセンター認定アソシエイト」(DCCA)はSchneider Electric Universityが提供する資格の一つで、データセンターの基礎知識を身に付けていることを証明するものだ。資格取得を目指す学習者は次のようなことを学ぶ。

  • 電力設備や冷却設備、サーバ群の物理的な保護方法といった分野の基礎知識
  • データセンター設計を最適化し、耐障害性とエネルギー効率、持続可能性(サステナビリティ)を高める方法

 この他にも学習プログラムは、データセンターにおける以下のようなトピックに焦点を当てている。

  • ケーブル配線
  • レイアウト
  • 防火対策
  • サーバの冷却方法
  • 立地選定と計画立案の方法
  • エネルギーの生成と貯蔵技術

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...