2008年01月22日 19時43分 UPDATE
ニュース

NEWSネクスウェイとドリーム・アーツ、多店舗運営を支援する「店舗matic」をSaaSで提供

ネクスウェイが営業・販売、ドリーム・アーツがソフトウェア開発を行う「店舗matic」の販売を開始。ネットワークインフラはインターネットイニシアティブが提供

[TechTarget]
ttnews012201.jpg 「店舗maticで多店舗ビジネスにPOS以来の革新を提供したい」と語るドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本 孝昭氏

 ネクスウェイとドリーム・アーツは1月22日、多店舗運営企業における本部と店舗間の情報共有を促進するSaaSソリューション「店舗matic」の提供を開始した。ドリーム・アーツがソフトウェア開発を行い、ネクスウェイが営業・販売を担当する。

 価格は店舗数で異なり、500店舗の場合は月額サービス利用料260万円、1店舗当たり5200円となる。

 多店舗・多拠点への情報通達機能、店舗からの情報回収(回答フォーム作成、集計)機能により、本部からの指示通達を周知徹底できるとともに、POSシステムからでは得ることのできない販売現場の生の声をリアルタイムで回収して販売戦略に活用できるという。また、情報ポータル機能、商売カレンダー(スケジュール)機能、文書管理機能などにより、本部と店舗が同じタイムライン上で全体像を把握できる。

ttnews012202.jpg 《クリックで拡大》本部商売カレンダー画面。本部で各店舗がどのように運営されているのかをリアルタイムで把握できる
ttnews012203.jpg 左からインターネットイニシアティブ 代表取締役社長 鈴木 幸一氏、ネクスウェイ 代表取締役社長 富加見 順氏、ドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本 孝昭氏。店舗maticのネットワークインフラはインターネットイニシアティブが提供する

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...