2010年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

オンラインOfficeスイートをめぐるMicrosoftとGoogleとIBMの戦いサービスへの移行を明確に示したMicrosoft

クラウド型Officeスイート分野でGoogleに後れを取ったMicrosoftの強みは、Googleよりも企業の心情を理解でき、Googleには提供できないものを提供できる点だ。

[Carl Brooks,TechTarget]

 Microsoftはこのほど米ミネソタ州政府を顧客として獲得した。これで2つのことが確実になった。すなわちGoogle Appsの担当者は胸が焼ける思いをし、Microsoftは冬にはマイナス25度になる地に誰をサポート要員として転勤させるかでくじ引きをする。これは、Microsoftに提供できてGoogleには提供できないもの──つまり大規模ネットワークとそのデータセンター施設との、インターネットを離れたセキュアな接続──の提供という点で重要だ。この「エンタープライズクラス」のセキュリティこそ、Googleがつかもうとして苦労しているもののようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...