シーイーシー、院内の医療文書の管理作業を軽減する文書管理システムNEWS

シーイーシーは病院内の医療文書を電子化して管理する文書管理システムを発表。ペーパーレス化と医療情報の共有化を推進し、業務の効率化を支援する。

2010年10月14日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 シーイーシーは10月13日、厚生労働省が定める「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠した医療文書管理システム「e+KARTE」(イータスカルテ)の提供を開始した。紙媒体から電子データを基本とする業務形態への転換を促し、医療機関における業務の効率化を支援する。

 e+KARTEは、手術記録や紹介状、承諾書、過去カルテなどの紙媒体の医療文書をe文書法に準拠した形で電子化する。電子証明書により文書改ざんを防ぎ、完全性を確保した上で院内のペーパーレス化と医療情報の共有化を推進する。

 同社によると、e+KARTEによって電子化された医療文書は、紙文書を扱う動作と同様の操作感覚で保管、閲覧できるという。また、医療文書内をキーワード検索する機能も備えており、さらに紙文書をスキャンして取り込む際に独自のキーワードを登録して検索することもできる。そのほかにも電子カルテと連携するインタフェースを装備しており、電子カルテの患者情報を基に必要な医療文書を参照したり、閲覧することも可能だ。

photo e+KARTEの利用イメージ

 e+KARTEの販売価格は340万円から。シーイーシーはe+KARTEのオプションとして「システム導入支援サービス」「医療情報電子化支援サービス」「医療情報バックアップサービス」などを併せて提供する。同社は今後3年間で100医療機関への販売を目指すとしており、既に富山大学附属病院では10月12日からシステムが稼働していることを発表した。

関連ホワイトペーパー

検索 | バックアップ | 文書管理 | 運用管理 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。