2010年01月22日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS聖路加国際病院、電子カルテ情報の蓄積・抽出にDWH用DB「Sybase IQ」を採用

聖路加国際病院は、電子カルテに記載された各種診療データの保存先として、サイベースのDWH用データベース「Sybase IQ」を採用。より高質な医療サービスの提供、および業務効率の向上を図る。

[TechTargetジャパン]

 財団法人聖路加国際病院は、電子カルテに記載された各種診療データの保存先として、サイベースのDWHデータベース「Sybase IQ」を2月から導入する。サイベースが1月21日に発表した。

 同院ではこれまで、電子カルテのデータを汎用データベースに蓄積し、必要に応じて情報システム部門がフロントエンドのMicrosoft Office Accessに抽出するという方法を取っていた。しかし、データ量が増加するにつれ、データ抽出に要する時間が長期化。データの検索・分析につながる満足な運用ができていなかったという。そこで複数のデータベースを検討した結果、クエリが高速、かつTCOコストの低いSybase IQを採用した。

 サイベースでは今後、今回の導入実績を基に、電子カルテを中心とした診療データの蓄積・分析利用事例をほかの医療施設などにも展開するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...