2008年02月12日 18時36分 UPDATE
ニュース

NEWSサイベース、DBサーバ障害時の接続切り替えソフト「Sybase OpenSwitch 15.1」を発売

クライアントアプリケーションから複数DBサーバへの接続の自動切り替えが可能になったほか、ユーザーポリシーに沿ったアプリケーション作成を実現する。

[TechTarget]

 サイベースは2月12日、障害対策システムにおける接続用ソフトウェア「Sybase OpenSwitch 15.1」を発表した。2月14日より出荷を開始する。

 Sybase OpenSwitch 15.1は、クライアントアプリケーションとデータベースサーバとの間に配備し、クライアントから2台以上のデータベースサーバへの接続自動切り替え、転送が可能なソフトウェア。同社のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」を複数導入し、データベース間のデータ移動を管理するミドルウェア「Sybase Replication Server」を利用して障害対策を行っているシステムや、耐障害ソフトウェア「Mirror Activator」および「ディザスタ・リカバリ・パッケージ」を採用しているシステムなどにおいて、障害発生時のクライアントからの透過的なデータベース接続を提供するとしている。

 Sybase Replication ServerやMirror Activatorとの連携により、セカンダリサーバへの接続切り替えを行うAPI「コーディネーション・モジュール」と「プログラミング・テンプレート」が提供され、ユーザーのポリシーに沿ったデータベースアプリケーションを作成できる。また、大量のクライアントに複数のサーバが対応する状況を想定し、各サーバに均等にクライアント接続を配分するロードバランサとしても利用可能。価格は、1CPU当たり233万9000円(税抜き)。

関連ホワイトペーパー

データベース | サーバ | RDBMS | ディザスタリカバリ


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...