サイベース、DBサーバ障害時の接続切り替えソフト「Sybase OpenSwitch 15.1」を発売NEWS

クライアントアプリケーションから複数DBサーバへの接続の自動切り替えが可能になったほか、ユーザーポリシーに沿ったアプリケーション作成を実現する。

2008年02月12日 18時36分 公開
[TechTarget]

 サイベースは2月12日、障害対策システムにおける接続用ソフトウェア「Sybase OpenSwitch 15.1」を発表した。2月14日より出荷を開始する。

 Sybase OpenSwitch 15.1は、クライアントアプリケーションとデータベースサーバとの間に配備し、クライアントから2台以上のデータベースサーバへの接続自動切り替え、転送が可能なソフトウェア。同社のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」を複数導入し、データベース間のデータ移動を管理するミドルウェア「Sybase Replication Server」を利用して障害対策を行っているシステムや、耐障害ソフトウェア「Mirror Activator」および「ディザスタ・リカバリ・パッケージ」を採用しているシステムなどにおいて、障害発生時のクライアントからの透過的なデータベース接続を提供するとしている。

 Sybase Replication ServerやMirror Activatorとの連携により、セカンダリサーバへの接続切り替えを行うAPI「コーディネーション・モジュール」と「プログラミング・テンプレート」が提供され、ユーザーのポリシーに沿ったデータベースアプリケーションを作成できる。また、大量のクライアントに複数のサーバが対応する状況を想定し、各サーバに均等にクライアント接続を配分するロードバランサとしても利用可能。価格は、1CPU当たり233万9000円(税抜き)。

関連ホワイトペーパー

データベース | サーバ | RDBMS | ディザスタリカバリ


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...