サイベース、「Sybase Replication Server」の新バージョンを発売NEWS

RDBMS「Sybase Adaptive Server Enterprise 15」に対応したほか、管理機能強化、パフォーマンス向上、セキュリティ向上などの機能強化

2007年09月19日 19時52分 公開
[TechTarget]

 サイベースは9月19日、「Sybase Replication Server 15」を同日より出荷開始したと発表した。本製品は、データベース間のデータ移動を管理し、基幹業務データの可用性を高めるためのミドルウェア。企業内に分散されたデータの中から必要な部分だけを効率よくコピーし、全社的な情報共有を実現するほか、障害対策ソリューションとしてリカバリサイトへのデータレプリケーションの役割も果たす。価格は1CPU(CPUコア)で487万4000円から。

 新バージョンでは、エンタープライズ級のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)15」に対応し、管理機能の強化、パフォーマンス、セキュリティが向上されているという。ASE 15の新機能である計算カラム、暗号化カラム、パーティションテーブルの複写に対応したほか、設定パラメータの動的変更が可能になり、リブートの頻度を減らすことができるという。また、動的SQLのサポートにより、SQL全体ではなくパラメータのみを転送することも可能となっている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | データベース | RDBMS


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...