サイベース、「Sybase Replication Server」の新バージョンを発売NEWS

RDBMS「Sybase Adaptive Server Enterprise 15」に対応したほか、管理機能強化、パフォーマンス向上、セキュリティ向上などの機能強化

2007年09月19日 19時52分 公開
[TechTarget]

 サイベースは9月19日、「Sybase Replication Server 15」を同日より出荷開始したと発表した。本製品は、データベース間のデータ移動を管理し、基幹業務データの可用性を高めるためのミドルウェア。企業内に分散されたデータの中から必要な部分だけを効率よくコピーし、全社的な情報共有を実現するほか、障害対策ソリューションとしてリカバリサイトへのデータレプリケーションの役割も果たす。価格は1CPU(CPUコア)で487万4000円から。

 新バージョンでは、エンタープライズ級のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)15」に対応し、管理機能の強化、パフォーマンス、セキュリティが向上されているという。ASE 15の新機能である計算カラム、暗号化カラム、パーティションテーブルの複写に対応したほか、設定パラメータの動的変更が可能になり、リブートの頻度を減らすことができるという。また、動的SQLのサポートにより、SQL全体ではなくパラメータのみを転送することも可能となっている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | データベース | RDBMS


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...