2010年03月12日 09時00分 公開
ニュース

インテック、Webブラウザで閲覧できる電子帳票システムを発表NEWS

インテックは、画像やバーコードを含むイメージ帳票、PDF帳票をWebブラウザで表示し、検索・印刷できるクラウド型電子帳票システムを発表した。

[TechTargetジャパン]

 インテックは3月11日、Web対応電子帳票システム「快速サーチャーGX(ジーエックス)」を発表した。5月10日に出荷を開始する。

 快速サーチャーGXは、企業で大量に出力される多種多様な帳票を一元管理し、さまざまな用途で活用するWeb対応の電子帳票システム。画像やバーコードを含むイメージ帳票、PDF帳票をそのまま表示し、検索・印刷が可能だ。ユーザーは専用プログラムをインストールすることなくWebブラウザのみで検索・閲覧ができる。異なる複数帳票を一度に検索する定型検索機能も実装している。

 このほか、ERPや会計パッケージなどの帳票出力ツールとの連携が可能。さらにOCR装置と連携させると、電子化された紙文書の統合管理もできる。

 販売価格は300万円(税別)から。インテックでは快速サーチャーGXを、社内の電子帳票化だけではなく、Webの特性を生かして企業間やグループ間での帳票公開などにも利用できるシステムとして販売する。同製品は、5月12日から東京ビッグサイトにて開催される「ソフトウェア開発環境展(SODEC)」に出展される予定。

関連ホワイトペーパー

帳票 | 検索 | ブラウザ | OCR


ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。