2010年03月09日 09時00分 公開
ニュース

テラデータが大容量データ分析製品の新シリーズ、クラウド向けDWHも展開NEWS

日本テラデータは、プラットフォーム製品の新シリーズとして、エンタープライズDWHサーバの最上位モデル、DWH入門企業向けのDWHアプライアンス、大容量データ分析専用アプライアンスの3つを発表した。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 日本テラデータは3月5日、Teradataプラットフォーム製品の新シリーズとして、エンタープライズデータウェアハウス(DWH)サーバ「Teradata アクティブ・エンタープライズ・データウェアハウス5600」(以下、Teradata 5600)、DWH入門企業向けのDWHアプライアンス「Teradata データウェアハウス・アプライアンス2580」(以下、Teradata 2580)、大容量データ分析専用のデータアプライアンス「Teradata エクストリーム・データ・アプライアンス1600」(以下、Teradata 1600)を発表した。

 Teradata 5600は、従来モデル「Teradata 5555」と比べメモリは1.5倍、ストレージは30%、データ転送速度は2.5倍向上し、ユーザーの使用可能データ領域は最大14Pバイト(※)と高パフォーマンスを発揮するTeradataの最上位モデル。全社での情報活用を目的にデータを統合化/一元化し、ビジネスのさまざまな場面で発生する明細データを収集・統合。経営者層から現場担当者まで必要な人に必要な情報を提供する。価格は、最小領域であるユーザー領域3Tバイト、ハードウェア/ソフトウェア込みで1億2460万円(税別)から。

※1P(ペタ)バイトは1024Tバイト。

 Teradata 2580は、特定の要件に対する分析ニーズを満たす専用プラットフォームとして設計されたDWHアプライアンス製品だ。従来モデル「Teradata 2555」と比べ3倍のメモリを搭載し、最大2倍のパフォーマンスを発揮する。ユーザー使用可能領域は最大517Tバイトまでサポート。米Teradata社長兼CEO マイケル・コーラー(Michael F.Koehler)氏は「Teradata 2580はエントリーレベルとして、データウェアハウスをこれから始めたい企業に向いている」と話す。価格は、最小領域であるユーザー領域2Tバイト、ハードウェア/ソフトウェア込みで5640万円(税別)から。

 Teradata 1600は、50Pバイトを超えるデータの格納が可能な大容量データ分析専用のアプライアンス製品だ。従来モデルの「Teradata 1555」と同等のユーザーデータ容量で比較すると、設置面積は半分で、メモリは約3倍、パフォーマンスは最大4倍に向上した。携帯電話の通話明細やインターネットのクリック情報といったデータ量が膨大な、DWHでの分析が難しい履歴データや明細データを迅速に分析することに適している。価格は、最小領域であるユーザー領域29Tバイト、ハードウェア/ソフトウェア込みで6390万円(税別)から。

 Teradata 2580とTeradata 1600は、旧世代のシステムと共存することが可能。前モデルで構築したシステムに最新モデルを増設できるため、ハードウェアの入れ替えが不要。

画像 Teradataプラットフォームファミリー

 日本テラデータ 代表取締役社長 吉川幸彦氏は、「部門最適システムやデータマートでは(効率的なビジネスの)限界に来ている。組織横断的に分析し、トップと現場が同じデータをベースに考え、行動するという一貫性が必要」と、全体最適を考慮したデータ分析が求められていることに触れた。その上で、「データの分析からアクションをいかに早く結び付けるかが価値」と、データ分析の柔軟性と俊敏性もますます重要になると述べた。こうした多様化する分析ニーズや俊敏性に対応するため、同社は同日、クラウドソリューション「Teradata Enterprise Analytics Cloud」を開始した。同ソリューションでは、Teradataデータベースをクラウド上で提供する。プライベートクラウド用の「Teradata Express for VMware Player」とパブリッククラウド用の「Teradata Express for Amazon EC2」の2種類がある。Teradataデータベースのライセンスは用途を限定するため無償で提供する。

 Teradata Express for VMware Playerは、ヴイエムウェアの仮想化製品で構築されたプライベートクラウド環境用のTeradataデータベースで、社内評価やテスト目的での利用を想定している。ユーザーは、開発者向けWebサイト「Teradata Developer Exchange」から無償でダウンロード可能。

 Teradata Express for Amazon EC2では、Amazon.comの開発者向けクラウドサービスであるAmazon EC2上で利用できるよう、Teradataデータベースをパッケージ化している。短時間で効果を生み出したいプロジェクトや、急にテスト環境が必要になった場合、ある一定期間だけ複数の開発環境を構築することに適している。Teradata Developer Exchangeで申し込み後、利用可能。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...