2010年03月17日 09時00分 公開
ニュース

ネットマークス、IM機能などを追加したSaaS型コミュニケーションツールの最新版NEWS

社内でリアルタイムにメッセージ交換できるインスタントメッセージ機能などが追加。SaaS型コミュニケーションツールとしての利便性を向上したという。

[TechTargetジャパン]

 ネットマークスは3月15日、電子メールやスケジュール管理、文書管理などをPCや携帯電話Webブラウザ上で利用できる「OfficePlanetメール2.0サービス」の最新版を提供開始した。

 同サービスの特長は、社内外のさまざまなサービス/システムと連携できる点。例えばメール本文内に日付や住所が含まれていた場合に、関連するスケジューラや地図をポップアップ表示できる。そのほかSaaS型(Software as a Service)で提供することから、ユーザーは自社内にシステムを保有することなく、短期間での導入が可能。電子メールなどの情報は同社が24時間365日体制で運用するデータセンターで集中管理されるため、クライアント側にデータが残らず、セキュリティ面でも安心だという。

 最新版では、個人用または共有フォルダをオンライン上で管理できるブリーフケース機能、作業ごとの進ちょくをリストで管理する機能、作成したリストを共有できるタスク機能、社内でリアルタイムにメッセージ交換できるインスタントメッセージ機能が追加された。システム面でも、センター設備の増強などの性能向上が図られた。

 料金(税別)は初期導入費が10万円から、サービス費用がユーザー数100人の場合で月額6万円から。同社では、教育機関や企業をターゲットに2010年度で1億円の販売を見込む。

関連ホワイトペーパー

ブラウザ | 文書管理 | 携帯電話 | スケジュール管理 | SaaS


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...