2010年03月19日 09時00分 公開
ニュース

DICがOKIの社内SNS「Crossba」を採用、社員間コミュニケーションを強化NEWS

DICは、部門や役職などの壁を越えたコミュニケーション/情報共有ツールとしてOKIが2009年11月に稼働開始した企業向けSNSを採用した。

[TechTargetジャパン]

 沖電気工業(OKI)は3月18日、DICに、同社の企業向けSNS「Crossba(クロス場)」を納入したと発表した。

 Crossbaは、OKIが2009年11月に稼働開始した企業向けSNS。2010年2月現在の参加者数は約900人で、大手企業を中心に複数の導入実績があるという。主な機能は、書類/人物プロフィールを含めた全文検索「一網打尽検索」やWiki、ソーシャルブックマーク、ファイル添付、アンケート、Q&Aコーナーなど。

画像 DICが導入した社内SNS。名称「CoCoT(ココット)」はCrossbaのアンケート機能を利用した社内公募により決定した

 DICでは、以前より社内の情報共有改善を課題としており、これまで情報共有がうまくいかなかった理由として「社内であっても、知らない人には情報は出せない、協力はできない」といった“組織の壁”が問題として挙げられていたという。今回はそうした課題を一掃する手段の1つとして、部門や役職などの壁を越えたコミュニケーション/情報共有ができる社内SNSを導入した。

 Crossbaの導入効果としてDICの社員からは、「意外な人の意外な一面が見える」「今まで聞けなかったことが聞けるようになった」「これまで一緒に仕事をしていない部門同士で新しいビジネスの話が進んでいる」などの声が出ており、新しいコミュニケーションの場として順調に利用が拡大しているという。DICは「今後、すべての社員が気軽に立ち寄り、情報共有が図られる場としてSNSが定着すれば、自発的に組織の総合力が引き出され、新たな商品や事業のアイデアが生まれるだろう」とコメントしている。

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション | 検索


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...