2010年10月25日 07時30分 公開
特集/連載

SNSとつながるOutlook 2010の新機能「Outlook Social Connector」とは?Microsoftの新コミュニケーションツール

「Outlook Social Connector」は、さまざまなソーシャルネットワークの情報をOutlookで一元管理できるコミュニケーションツールだ。LinkedIn、MySpace、Facebookなどに対応する。

[Brien Posey,TechTarget]

 Microsoft Outlookの最新版「Microsoft Outlook 2010」には、「Outlook Social Connector」という新機能が搭載されている。同社はこの機能をOutlook 2003/2007で利用するためのプログラムも公開している。Outlook Social Connectorは、Facebookなどさまざまなソーシャルネットワーキングサービス(SNS)から情報を集め、Outlook内で電子メールと共に表示するものだ。この機能により、メールメッセージとソーシャルネットワーキング情報を1カ所で見ることができる。

 Outlook Social Connectorは、ソーシャルネットワーキングコンテンツを表示するだけでなく、Outlookと各種SNSの同期を保つ。例えば、OutlookとLinkedInの両方で連絡を取り合っている友人がいて、その友人がLinkedInのプロファイルの電話番号を更新したとしよう。Outlook Social Connectorはその変更を検知し、あなたのOutlookの連絡先リストを自動的に更新する。

 Outlook Social Connectorを使ってSNSから情報を集めて表示するには、個々のSNSに対応したソーシャルネットワークアドインをインストールする必要がある(Outlook 2003/2007では、冒頭に挙げたプログラムをあらかじめインストールしておく必要もある)。このアドインは、OutlookとSNSの接続を確立するコンポーネントだ。現在、LinkedIn、MySpace、Facebook、Windows Liveのそれぞれに対応したアドインが公開されている。

関連ホワイトペーパー

Outlook | Microsoft(マイクロソフト) | CIO


ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...