サイボウズ、グループウェアとスマートフォンを同期する「サイボウズモバイル KUNAI」NEWS

サイボウズは、グループウェアとスマートフォンを連携させた同期アプリケーション「サイボウズモバイル KUNAI」を発売する。

2010年02月09日 09時00分 公開
[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 サイボウズは2月8日、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」とスマートフォンを連携した「サイボウズモバイル KUNAI for Windows phone」を3月末までに発売すると発表した。

 サイボウズモバイル KUNAI for Windows phoneは、Windows phone端末でサイボウズのグループウェア「サイボウズガルーン 2.5.4」を利用するための同期アプリケーション。

 主な機能は、スケジュール管理、社内に閉じたネットワークでメッセージの送受信ができる「社内メール」、経営者が瞬時に稟議決裁できる「ワークフロー」、アドレス帳など。添付ファイルの閲覧も可能。

 スケジュール管理の「予定登録」では、「予定が入っている部分を見せることよりも、空いている時間を見せる」(サイボウズ モバイル戦略部 部長代理 中 光章氏)ことを工夫したという。「空き時間の検索」では、参加者と施設を指定すれば、予定の調整がスムーズにできる。ワークフローでは、申請待ちの稟議をコメント付きで決裁したり、却下、後回しなどにできる。

 セキュリティポリシーの設定管理ができるため、仮に社員が端末を紛失した場合でも、「リモートワイプ」機能でシステム管理者が紛失端末の情報をリセットすることが可能だ。「パスワードワイプ」という、一定回数以上パスワード入力を誤ると情報がリセットされる機能も付いている。

画像 サイボウズモバイル KUNAI、ネットワークの仕組み

 対応環境は、グループウェアが「サイボウズガルーン 2.5.4」、スマートフォンが「Windows Mobile 6.1Pro」以降の端末だ。今後は中小規模向けグループウェア「サイボウズ Office」、iPhoneなどほかのスマートフォンにも対応していく予定である。価格は1ユーザー当たり1500円から。なお、BlackBerryに対応した「サイボウズモバイル Sync for BlackBerry」も3月末までに発売予定。利用価格は「サイボウズリモートサービス」に含まれるため無料だ。

 同社は、抽選で100社に、サイボウズモバイル対応のスマートフォン端末「dynapocket SoftBank X02T」を60日間、「docomo PRO series T-01A」「docomo PRO series BlackBerry Bold」を30日間無償提供するお試しキャンペーンを実施する。キャンペーンへの申し込みは2月8日から6月30日まで。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...