Ji2と日本HP、日本企業向けe-Discoveryソリューションで協業NEWS

Ji2と日本HPは、e-Discoveryソリューションの導入およびコンサルティングで協業する。海外で事業を展開する日本企業がターゲットとなる。

2010年01月26日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 Ji2と日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は1月25日、企業向け法的電子証拠開示(e-Discovery)ソリューションの導入およびコンサルティングで協業すると発表した。Ji2のe-Discoveryソリューション導入におけるグローバルでのコンサルティングノウハウと、日本HPのコンプライアンスに対応した情報管理プラットフォームを組み合わせ、企業の法的紛争や会計監査のためのe-Discovery体制構築を支援する。

 本協業において、Ji2はe-Discoveryソリューションの導入コンサルティングを担当する。また、米国の法律事務所や企業で導入実績のあるClearwell社のe-Discoveryソリューションと日本HPの情報管理プラットフォームを組み合わせ、アーカイブされた膨大なデータから必要なデータを迅速かつ効率的に検索・分析・閲覧するためのソリューションを提供する。

 一方、日本HPは、コンプライアンスに対応した情報管理プラットフォームである「HP Integrated Archiving Platform」(以下、HP IAP)を提供する。HP IAPは、電子メール、ファイル、文書などを一元管理し、グリッドストレージ技術で検索結果を迅速に提供するデータ保存ソリューション。

 価格は、HP IAPとClearwellのe-Discoveryソリューション一式で5000万円から。

 e-Discoveryは、企業内で電子文書を安全に保管し、必要なときに必要なデータを適切かつ迅速に探し出す仕組み。企業のIT資産への不正アクセスや機密情報漏えいに関する訴訟、会計監査、製造物責任(PL)法や知的財産に関する法的紛争の際に証拠として用いられる。2006年の米連邦民事訴訟規則改正以来、米国企業だけでなくグローバルにビジネスを展開する日本企業においても、法的効力を持つe-Discoveryへ注目が高まっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...