2007年10月04日 18時11分 公開
ニュース

日本HP、データ保存ソリューションの新製品を発表NEWS

メールなどのデータを安全に保管して活用、短期間で日本版SOX法への対応を可能にする「HP Integrated Archive Platform」を発売

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは10月4日、データ保存ソリューションの新製品「HP Integrated Archive Platform(HP IAP)」を同日より発売したと発表した。本製品は、従来の「HP Reference Information Storage System(HP RISS)」を強化し、改名したもの。

 データ保存の際に、グリッドストレージを構成する「スマートセル」と呼ぶモジュールごとに分散して格納し、各スマートセル内で検索用インデックスを生成して保管する。これにより短時間でのデータ検索、取り出しが可能になるという。HP RISSで利用していたサーバよりも高機能、低価格のサーバに統一した構成となっており、従来比約半分の製品価格、保守価格を実現しているという。

 また、同時にパッケージ化した導入サービス「HP IAP導入サービス」を提供し、これを利用すれば2〜3カ月程度での導入が可能だという。同社は、低下価格化と導入サービスにより中堅・中小規模でのデータ保存ソリューション導入の敷居を下げ、企業の日本版SOX法対応を支援するとしている。希望小売価格はHP Integrated Archive Platformが1260万円から、HP IAP導入サービスが525万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...