2010年10月19日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoft SQL Server 2008 R2、セルフサービスBIを支える3つの機能とは?BIデータベースの効率的活用法

ExcelやSharePointを利用したデータの分析・管理を可能とする、Microsoft SQL Server 2008 R2の新機能を解説する。

[Danielle and Nelson Ruest,TechTarget]

 企業がデータベースを運用する理由には、ビジネスインテリジェンス(BI)データが得られることへの期待が大きい。BI(あなたの会社の目標達成に利用できる極めて重要なビジネス情報)を手に入れるには、大変な手間が掛かることがある。しかし、Microsoft SQL Serverのユーザー企業がMicrosoft SQL Server 2008 R2にアップグレードすれば、この状況はセルフサービスBI機能によって変わるだろう。

 現在、BIにはエンドユーザーにフォーカスしていないという大きな問題がある。そもそもデータベースの目的は、ユーザーがデータの傾向やパターンを抽出し、分析できるようにすることだ。だがこの目的は往々にして果たされていない。ユーザーはデータの抽出を開発者やデータベース管理者に頼ったり、時間をかけて詳細を学んで自分がデータベース専門家にならなければならない。このため、BIの取り組みは成り行き任せになりがちだ。

 そこでデータ抽出・分析のセルフサービス化だ。Microsoft SQL Server 2008 R2では、強力なセルフサービスBI機能が提供される。これらの機能により、エンドユーザーがデータから必要なものを手に入れる一方、IT管理者が継続的にデータ管理を行い、セキュリティを確保することが可能となるのだ。

 これらの機能はどのような仕組みで働くのか。マイクロソフトは、Microsoft Office Excel(以下、Excel)やMicrosoft Office SharePoint Server(以下、SharePoint)といったソフトウェアを利用して、この新タイプのセルフサービスBI機能を実現している。ユーザーはExcelでデータを抽出、分析でき、この操作はデータソースが非常に大規模なデータベースでも、Microsoft SQL Server 2008 R2の新しいデータストリーミングサービスである「StreamInsight」のおかげで、非常に効率的に行える。また、ユーザーはSharePointにより、抽出・分析結果を分かりやすいリポートの形で共同作業の相手と共有できる。こうしたプロセス全体をIT管理者が追跡し、レビューできるため、データが体系的に管理されるのだ。

 Microsoft SQL Server 2008 R2は、セルフサービスBIを支える以下の3つの新機能を提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...