シー・エス・イーとブイキューブ、最大300拠点対応のオンライン教育システムを提供NEWS

シー・エス・イーとブイキューブは、授業、セミナーなどの教育コンテンツの配信・運営・管理や、教員活動、就職指導、生徒のメンタル診断などが1つになったオンライン教育システムを提供する。

2010年03月05日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 学校向けICTソリューションサービスを提供するシー・エス・イーは、ビジュアルコミュニケーションツールの開発・提供を行うブイキューブと技術提携し、次世代文教向けビジュアルコミュニケーションシステム「Cast@cademy(キャスト・アカデミー)」を3月3日から販売する。

 Cast@cademyは、教育現場のさまざまなコミュニケーションをオンライン上で提供する、運営・管理機能が付いた教育ソリューションシステムだ。eラーニング、授業、セミナーなどの教育コンテンツの配信・運営・管理や、教員活動、就職指導・面談、生徒のメンタル診断などをインターネット経由で行える。

 Cast@cademy上には、遠隔授業に最適なセミナールーム、打ち合わせや面談に最適なミーティングルームがあり、それぞれのコミュニケーション形態に合ったオンライン上の仮想ルームをスケジュールページから選ぶことができる。セミナールームでは、最大300拠点を同時に結び、双方向性の高い遠隔教育が実現できる。録画授業の配信も可能だ。

 カスタマイズができるため、現在導入しているシステムと、Cast@cademy内の必要なコミュニケーションツールを連携することも可能だ。また、利用するためのアカウントを持たない人には「招待機能」を使うことで打ち合わせや授業に招待できる。

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション | eラーニング


ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...