2010年03月05日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSシー・エス・イーとブイキューブ、最大300拠点対応のオンライン教育システムを提供

シー・エス・イーとブイキューブは、授業、セミナーなどの教育コンテンツの配信・運営・管理や、教員活動、就職指導、生徒のメンタル診断などが1つになったオンライン教育システムを提供する。

[TechTargetジャパン]

 学校向けICTソリューションサービスを提供するシー・エス・イーは、ビジュアルコミュニケーションツールの開発・提供を行うブイキューブと技術提携し、次世代文教向けビジュアルコミュニケーションシステム「Cast@cademy(キャスト・アカデミー)」を3月3日から販売する。

 Cast@cademyは、教育現場のさまざまなコミュニケーションをオンライン上で提供する、運営・管理機能が付いた教育ソリューションシステムだ。eラーニング、授業、セミナーなどの教育コンテンツの配信・運営・管理や、教員活動、就職指導・面談、生徒のメンタル診断などをインターネット経由で行える。

 Cast@cademy上には、遠隔授業に最適なセミナールーム、打ち合わせや面談に最適なミーティングルームがあり、それぞれのコミュニケーション形態に合ったオンライン上の仮想ルームをスケジュールページから選ぶことができる。セミナールームでは、最大300拠点を同時に結び、双方向性の高い遠隔教育が実現できる。録画授業の配信も可能だ。

 カスタマイズができるため、現在導入しているシステムと、Cast@cademy内の必要なコミュニケーションツールを連携することも可能だ。また、利用するためのアカウントを持たない人には「招待機能」を使うことで打ち合わせや授業に招待できる。

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション | eラーニング


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...