2006年08月02日 11時40分 UPDATE
特集/連載

IT変革力【第10回】ユーザー企業におけるIT人材の育成はどうあるべきか?

ユーザー企業におけるIT人材の育成は、多岐に渡る難しい問題です。ドットコム系の企業では経営者をはじめとしてITに精通していますが、伝統的な企業では一部の技術関連部門に留まります。両者にはIT習得における心理的な開きが生じています。それには、伝統企業に残る風潮などが影響しています。どのように解決したらよいでしょうか。

[TechTarget]

 自己を変え、企業を変革するための「ITマネジャーのための変革力養成」講座の第10回。ユーザー企業におけるIT人材の育成は、さまざまな難しい問題を抱えています。その背景には、ITに対する古典的な問題や伝統企業に残る風潮があります。また、経済産業省が発表したITSS(ITスキル標準)は、それらの企業にとって十分な指標になるのかという問題が残ります。日本企業のIT人材を取り巻く環境を理解し、どのように問題を解決するかを考えていきましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...