2006年07月12日 09時30分 公開
特集/連載

Cobit、CMM等成熟度モデルの思想的背景を理解しようIT変革力【第7回】

IT業界では、金融商品取引法の国会通過により、組織能力評価論(成熟度モデル)に注目が集まっています。しかし、表面的な方法論に目を奪われ、その本質が理解されないまま活用されています。そもそも、成熟度モデルとは何なのでしょうか。

[TechTarget]

 自己を変え、企業を変革するための「ITマネジャーのための変革力養成」講座の第7回。米国で90年代よりITの世界にも導入された組織能力評価論(成熟度モデル)は、21世紀に入ってわが国でも盛んに導入されました。しかし、多くの企業が、CMMやCobitに注目している割には、その背景にある思想を理解していないようなのです。活用前に知っておかなくてはいけない思想とは何なのでしょうか。それを理解し、成熟度モデルを効果的に活用できるように考えていきましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...