2006年07月05日 09時44分 公開
特集/連載

「枯れた」IT技術の持つ大きなリスクIT変革力【第6回】

枯れた IT技術の維持か、最新技術の取り入れかとういう選択は「ユーザー企業は神様なのか」という本質の理解が大切です。そのために、枯れた技術を維持するとどのような問題があるのかを理解しなくてはいけないようです。さて、その問題とは……。

[TechTarget]

 自己を変え、企業を変革するための「ITマネジャーのための変革力養成」講座の第6回。枯れたIT技術の維持か、最新技術の取り入れか、とういう選択は「ユーザー企業は神様なのか」の本質の理解が大切です。それには、現在のITベンダーの動向と社会的責任を理解し、枯れた技術を維持することによる問題点は何かを知ることです。そして、今後、どのように技術の乗り換えを行っていったらよいのかを考えていきましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...