2006年06月21日 09時30分 公開
特集/連載

Web2.0を金儲けにしか見ない日本と欧米の文化差IT変革力【第4回】

インターネットの進化の方向を巡る議論であるWeb2.0は、約3年前に米国で始められました。わが国でも2005年10月頃から議論されてきました。しかし、米国と日本ではその議論の中身がまるで違うのです。なぜそのような違いがあるのかというと、日本においては、ある発想が欠落しているからなのです。さて、その欠落したものとは……。

[TechTarget]

自己を変え、企業を変革するための「ITマネジャーのための変革力養成」講座の第4回。わが国でもWeb2.0に関しては活発に議論が行われてきました。しかし、その多くは現世のご利益重視な議論ばかりで、米国で行われている議論とは対象的です。それは、思想の違いが背景にありました。それによる問題点は何なのでしょうか。まず、どのようにとらえればよいのでしょうか。ITマネジャーとして、わが国におけるWeb2.0に対する欠落した発想は何かを理解し、どのように方向性を明確にしていけばよいのかを考えていきましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...