ビル・ゲイツはなぜ引退するのか!?IT変革力【第5回】

日本では、Web2.0の騒ぎはインターネットの世界の話で、企業のIT部門には直接関係ないと見る向きが圧倒的多数です。しかし、マイクロソフトのビル・ゲイツ社長は、Web2.0に対してジハード(聖戦)であると激を飛ばし、「サービス化の波に備えよ」と言っています。それはどういうことなのでしょうか……。

2006年06月28日 09時30分 公開
[TechTarget]

 自己を変え、企業を変革するための「ITマネジャーのための変革力養成」講座の第5回。昨年秋にマイクロソフトのビル・ゲイツ社長が書いた「サービス化の波に備えよ」といったメモが公開され、Web2.0に対する既存のビジネス世界からの最初の大きな反応として非常に注目されました。これは、10年ぶりのマイクロソフトの聖戦だと位置付けられています。マイクロソフト社の置かれている現状の背景には何があり、今後どういった課題が提示されているのでしょうか。また、彼は何を感じ引退していくのでしょうか。そこから、われわれが今後の長期的な課題をどう考えていけばよいのかを考えていきましょう。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...