アスペクト、UC機能を追加したワークフォース管理ソフトウェアの最新版NEWS

アスペクトは、ワークフォース管理ソフトウェア「Aspect Workforce Management 7.3」最新版にユニファイドコミュニケーション機能を追加。スケジューリングプロセスの効率化を目指す。

2010年07月14日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 アスペクトは7月13日、スタッフのスケジューリングと生産性の向上を実現するワークフォース管理ソフトウェア「Aspect Workforce Management」の最新版「Aspect Workforce Management 7.3」を発表した。同製品は、ユニファイドコミュニケーション(以下、UC)機能の追加により、コンタクトセンタ−とバックオフィスを効果的に連携させることで顧客サービスの向上を図れるとしている。

 新たに追加されたUC機能では、Microsoft Office Communications Server(OCS)2007R2との連携をサポート。コンタクトセンタ−のオペレーターが問題を解決するための適正な人材をプレゼンス管理により迅速に探し出し、インスタントメッセージやメール、電話でコンタクトを取ることができる。さらにバックオフィス従業員は、Microsoft Office Outlookのスケジュール通知機能を通してExchange Server上でスケジュールを把握したり、調整することが可能。

 また、同製品ではスケジュール管理機能の強化により、バックオフィス業務の予測、スケジュールの最適化、順守を実現できる。バックオフィス業務の予測については、新アルゴリズムの採用により業務を長期的に予測、リスケジューリングできるとしている。スケジュールの最適化、順守については、管理画面で順守度や業務・スタッフ別のパフォーマンスデータを確認でき、無駄な業務を削減する。ナレッジワーカーのスケジューリング機能を高めることで、コスト削減にもつながるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。