2010年11月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

専用アプリケーション開発で得られる効率化クラウドコンピューティングで広がるソフトウェア再利用の可能性とは

自社向け専用アプリケーションの開発をクラウド環境で行えば、コードの再利用が容易となり、リスクとコストを抑えられるようになる。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 わが社のCIO(わたしのことだ)に課せられた任務は極めて困難なものだ。ときには矛盾し、ときには補完する関係にある2つの目標を達成する一方で、社内のあらゆるビジネスプロセスおよび社外のビジネスプロセスの一部をサポートしなければならない。2つの相反する目標とは以下のようなものだ。

  • サービス提供の費用効果を改善する
  • 企業戦略を実現する技術を開発する

 この2つの目標を達成するに当たっては、注力すべき分野を注意深く取捨選択し、既に誰かが開発あるいは検証した技術をなるべく再利用することによって、リスクとコストを最小限に抑える必要があると考えた。例えば、当社で使っている製造変更プロセスは、われわれが開発したものではない。他社が何年も前から問題なく利用しているプロセスを模倣しているだけだ。CIOの立場から言えば、技術やプロセスへの投資は、ある種のリスク、そしてときとして支払いたくないコストを伴うのだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。