2009年02月06日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドコンピューティングでさらなるITイノベーションを!ITはこれからもイノベーションの代名詞

イノベーションが新技術を生み、その波及効果でさらなるイノベーションが実現される。ITはこれまでそうして発展してきたし、これからもそうあるべきだ。特にクラウドコンピューティングには、大きな可能性がある。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 ITイノベーションについて書かれた記事やコラムの数からすると、ITにはイノベーションが足りないのだろうかと思われるかもしれない。“IT”と“innovation”でネット検索したり(Googleでは3000万件以上ヒットする)、“IT innovation”の完全一致で検索すると(ヒット数は50万件程度に減る)、「ITはもっとイノベーティブ(革新的)でなければならない」と訴える専門家や評論家が多いのは明らかだ。

 その一方で、最近では「CIOはもうイノベーションを起こす必要はないかもしれない」と指摘する記事もよく見かける。ITのイノベーションの成果を生かしたサービスを「クラウド」が提供してくれるというのだ。そうした触れ込みで宣伝されていた「マネージドサービス」や「アウトソーシング」といった一連のソリューションと同じように。

 だが、この説には全面的に反論したい。IT分野全般にわたって猛烈なペースでイノベーションが進められていなければ、アル・ゴア氏はまだインターネットを構築しているだろうし、わたしのFORTRANのプログラミングスキルはまだ需要が高いだろう(なお、条件文を使ったスパゲティコードの達人を必要としている人がいたら、ぜひわたしに声をかけてほしい)。そして、われわれが新しい技術を生み出すたびに、その波及効果でさらなるイノベーションが実現されていく。

関連ホワイトペーパー

イノベーション | サーバ | ストレージ | Webサービス


ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...