ビッグデータ市場に新たな火種「ODPはApache Software Foundationへの侮辱だ」ビッグデータ市場に勢力再編の動き

Hortonworksら13社が立ち上げたHadoop普及団体ODPイニシアチブに、ClouderaのCEOレイリー氏が怒りをあらわにした。レイリー氏の真意とは? ビッグデータ市場で何が起きているのか?

2015年05月14日 08時00分 公開
[Brian McKennaComputer Weekly]
Computer Weekly

 新たに立ち上げられたOpen Data Platform(以下、ODP)イニシアチブは、「Apacheソフトウェア財団(以下、ASF)に対する侮辱だ」。米ClouderaのCEO、トム・レイリー氏はComputer Weeklyのインタビューに答えてこのように語った。

Computer Weekly日本語版 5月7日号号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月7日号号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 ODPは、ビッグデータに使用するオープンソースの分散コンピューティングフレームワーク「Hadoop」の普及を目指す企業グループの集まりだ。このイニシアチブには、米Hortonworksや米PivotalといったClouderaのライバル企業も参加している。HortonworksはClouderaと同じHadoopディストリビューターだ。Pivotalは、米EMCと米VMwareのスピンアウト企業で、データ分析用のカスタムアプリケーションをクラウドを通じて提供している。ODPには、他にも米Teradataや米SASなど、13社が関係している。

 レイリー氏によると、Clouderaや同じHadoopディストリビューターの米MapRにはODPへの参加の呼び掛けがなかったという。「当社がODPについて知ったのはODPの立ち上げ直前で、秘密保持契約への署名を求められ、30万ドルという均一料金が課されることが分かった」と同氏は語る。

 「ODPはASFの取り組みに逆行し、ASFを侮辱するものだ。ASFは、開発元が企業か個人かに関係なく最良のプロジェクトに最大の支援を行う。その例が(並列処理フレームワークの)『Apache Spark』だ。これは、UC(カリフォルニア大学)バークレー校の大学生が考案したものだ。このようなプロジェクトは、ODPの下では決して日の目を見ることはないだろう」

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...