2016年10月28日 12時00分 公開
特集/連載

「Google ハングアウト」はどこにいく? Google新サービスの実力とは特選プレミアムコンテンツガイド

「Google ハングアウト」は、コンシューマー機能を切り離して、「Allo」と「Duo」の新サービスをリリースする。その理由とは? また新サービスの実力とは?

[TechTargetジャパン]
「Google ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービスの実力とは

 2016年5月に開催されたGoogleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」で、Googleは「Google ハングアウト」に関して新戦略を打ち出した。Google ハングアウトから、コンシューマー機能を切り離し、メッセージングアプリケーション「Allo」とビデオチャットアプリケーション「Duo」に移行するというものだ。

 このGoogleの新戦略によって、法人向けで提供されるGoogle ハングアウトにどのような影響があるのだろうか。また、コンシューマーで提供されるAlloとDuoは、どのような機能があるのだろうか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本稿で紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...