2016年10月28日 12時00分 公開
特集/連載

「Google ハングアウト」はどこにいく? Google新サービスの実力とは特選プレミアムコンテンツガイド

「Google ハングアウト」は、コンシューマー機能を切り離して、「Allo」と「Duo」の新サービスをリリースする。その理由とは? また新サービスの実力とは?

[TechTargetジャパン]
「Google ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービスの実力とは

 2016年5月に開催されたGoogleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」で、Googleは「Google ハングアウト」に関して新戦略を打ち出した。Google ハングアウトから、コンシューマー機能を切り離し、メッセージングアプリケーション「Allo」とビデオチャットアプリケーション「Duo」に移行するというものだ。

 このGoogleの新戦略によって、法人向けで提供されるGoogle ハングアウトにどのような影響があるのだろうか。また、コンシューマーで提供されるAlloとDuoは、どのような機能があるのだろうか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本稿で紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。