2016年11月09日 09時00分 公開
特集/連載

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは (1/2)

医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。

[三浦優子,著]

 

 近年の人工知能(AI)関連技術は目覚ましい進歩を示している。医療分野でも、AI技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。ただし、AI技術を使った医療行為と倫理の問題や診療報酬の問題など、クリアすべき現実的な課題は少なくない。

 こうした現実や課題をふまえ、日本の医療業界がAI技術をどのように活用しようとしているのか。それを考えるヒントとなるセミナーが2016年9月18日、日本橋ライフサイエンスハブ(東京都・中央区)で開催された。「AI×医療の“今”をつかみ“未来”をつくる」(主催:メドピア)と題するそのセミナーでは、実際にAI技術を医療に利用するサービスを開発している企業が登壇した。

 AI技術は医療分野でどの程度活用できるようになっているのか。幾つかの事例をセミナーの内容から紹介する。

AI開発の裏側にある医療データ獲得競争

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...