2016年06月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

何を最優先とするべきか効果が分かりにくいデジタルマーケティング、投資判断の考え方を語ろう (1/3)

マーケティングテクノロジーへの支出を正当化しようとしているときには投資利益率(ROI)にこだわるべきではないと、ある専門家はいう。まず、ビジネスの目標とニーズを定義してから次の段階に進む必要があるのだと。

[Steve Robins,TechTarget]

関連キーワード

ROI | Gartner | マーケティング


 マーケティングキャンペーンを強化することが競争力の高い差別化要素の1つになるという認識を持つ企業が多くなっている。デジタルマーケティングテクノロジーを使えばブランドの存在感を増し、顧客との長期的な関係を育むことができる。また、新規顧客や潜在顧客を呼び込むこともできる。そのため、デジタルマーケティングテクノロジーは、販売とマーケティングに欠かせないものになっているのだ。

図 マーケティングのROI可視化は重要な課題(出典:ITmedia マーケティング「マーケティングオートメーション、導入成功事例で語られない『苦い経験』」)《クリックで拡大》

 一方で、マーケティングテクノロジーのROIはとらえどころのないものとされてきた。業績を上げるために資金を投入しなければならない経営陣に対して、マーケティングチームは自分たちの主張の正しさを示すために悪戦苦闘してきた。かつて、マーケティングオートメーションのようなツールは、なくても構わないものと見なされていたからだ。だが、ビジネス環境の競争が激しくなるにつれて、その認識は大きく変わりつつある。

 2015年、GartnerによるCMOを対象とした支出額調査「Gartner CMO Spend Survey 2015-2016」に回答した企業のうち、マーケティングの予算が11%増加した企業は300社を超えている。また、3分の2の回答者が2016年にマーケティング予算の増加を見込んでいると答えている。

 デジタルマーケティング市場は、テクノロジーであふれている。ブログ「Chief Marketing Technologist」を運営するスコット・ブリンカー氏は、約3500種類ものマーケティングテクノロジー製品が販売されており、2015年から87%も増えていると述べている。

 SnapAppでマーケティング部門のシニアバイスプレジデントを務めるアーロン・ダン氏は次のように語る。「現在、私たちはテクノロジーに圧倒されているように思える。マーケティング担当者には、ビジネスチャンスの拡大を本当に促せるテクノロジーに狙いを定め、残りのテクノロジーは予備のリストに放り込む素養が必要だ」

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...