2016年02月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iPhoneにバックドアは作らないApple ティム・クックCEOが裁判所の命令を拒否してまで守りたかったもの (1/2)

サンバーナーディーノ銃乱射事件で使用されたデバイスのロック解除のため、裁判所はAppleにiPhoneのバックドア作成の裁定を下した。だが、CEOのティム・クック氏は反対表明している。その理由とは。

[Michael Heller,TechTarget]
tn_tt_apple.jpg Appleが公開した反対表明《クリックで拡大》

 2015年12月に14人の同僚を殺害し告発された狙撃手の1人は「iPhone」を所有していた。このiPhoneのロック解除をする法的処置を支援する方法を見つけることを裁判所はAppleに命じた。AppleのCEOであるティム・クック氏はこの命令を「合衆国政府による行き過ぎ」だと見なした。

 2015年12月2日、サンバーナーディーノ州において、サイード・ファルクは妻タシュフィーン・マリクとともに銃を乱射し14人の同僚を射殺したが、問題となっているのは彼が所有していたスマートフォンだ。この夫婦は警官との銃撃戦で死亡した。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...