2016年02月23日 08時00分 公開
特集/連載

Apple ティム・クックCEOが裁判所の命令を拒否してまで守りたかったものiPhoneにバックドアは作らない(1/2 ページ)

サンバーナーディーノ銃乱射事件で使用されたデバイスのロック解除のため、裁判所はAppleにiPhoneのバックドア作成の裁定を下した。だが、CEOのティム・クック氏は反対表明している。その理由とは。

[Michael Heller,TechTarget]
Appleが公開した反対表明《クリックで拡大》

 2015年12月に14人の同僚を殺害し告発された狙撃手の1人は「iPhone」を所有していた。このiPhoneのロック解除をする法的処置を支援する方法を見つけることを裁判所はAppleに命じた。AppleのCEOであるティム・クック氏はこの命令を「合衆国政府による行き過ぎ」だと見なした。

 2015年12月2日、サンバーナーディーノ州において、サイード・ファルクは妻タシュフィーン・マリクとともに銃を乱射し14人の同僚を射殺したが、問題となっているのは彼が所有していたスマートフォンだ。この夫婦は警官との銃撃戦で死亡した。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)...

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...