2014年06月27日 15時00分 公開
特集/連載

オバマ大統領が「iPhone」を使わない“やっぱり”な理由安全なスマートフォンは存在するのか

全てのスマートフォンは盗聴可能なのだろうか? NSAの元職員であるエドワード・スノーデン氏の暴露によって通信機器へのハッキングを心配する声が高まっている。今取ることができるベストな対抗策を探る。

[Michael Cobb,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | Android | iOS


 オバマ米大統領は先日「セキュリティ上の理由から『iPhone』を使用することはできない」と発言した。陰謀論者によると、米国家安全保障局(以下、NSA)と諸外国政府がiPhoneをハッキングできるためだと言う。一方、米Googleの「Android」では多数のリスクが報告されているため、「iOS」に信頼を置く企業や組織も少なくない。iPhoneのセキュリティには本当に問題があるのだろうか。そもそも安全なスマートフォンなどというものは存在するのだろうか。

大統領が使うスマートフォンは?

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...