2016年07月21日 07時00分 公開
特集/連載

「ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービス「Allo」と「Duo」とは機能統合の流れから一変

新しいコミュニケーションアプリケーションとして「Allo」と「Duo」を発表したGoogle。これをきっかけに、コミュニケーションサービスを消費者向けと企業向けに分ける可能性がある。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]
Googleハングアウトの公式Webページ《クリックで拡大》

 最近、Googleは2つの新しいアプリケーション「Allo」と「Duo」を発表した。Alloは人工知能を搭載したメッセージングアプリケーションだ。人工知能は、新しい仮想アシスタントツールの「Google Assistant」によって実現している。一方のDuoは、1対1のビデオ通話アプリケーションだ。

 「Google フォト」と「Google ハングアウト」を「Google+」と切り離し独立させることは、ハングアウトを小さな要素に分けることで、完了したといえるかもしれない。最近まで、Googleは全ての資産をGoogleハングアウトに統合すべく努力していた。電話関連サービス「Google Voice」とAndroidデバイスでのショートメッセージサービス(SMS)の送受信もGoogleハングアウトに移行していた。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...