2016年06月23日 07時00分 公開
特集/連載

「Google ハングアウト」の密かな方向転換に気付いているか?「Allo」と「Duo」発表でみるGoogleの新戦略(1/2 ページ)

Googleは「Google I/O 2016」で「Allo」と「Duo」を発表した。だがメッセージングアプリケーションは、既に「ハングアウト」がある。この発表には、どのような意図があるのだろうか。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]
ハングアウトの公式Webページ《クリックで拡大》

 Googleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」の基調講演で「Google ハングアウト」の言及はなかった。ハングアウトは、既に稼働していて、Googleも力を入れ開発者が改良に取り組んでいる。だがGoogle I/O 2016は、コンシューマー向けの発表が大半であり、ハングアウトは、今やエンタープライズ向けのアプリケーションとなった。

 Google I/O 2016まで、ハングアウトは、コンシューマー向けメッセージングと法人向け統合コミュニケーション(UC)の両面を持つアプリケーションだった。ハングアウトはMicrosoftのコンシューマー向け「Skype」と「Skype for Business」に似ている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...