2016年06月23日 07時00分 公開
特集/連載

「Google ハングアウト」の密かな方向転換に気付いているか?「Allo」と「Duo」発表でみるGoogleの新戦略(1/2 ページ)

Googleは「Google I/O 2016」で「Allo」と「Duo」を発表した。だがメッセージングアプリケーションは、既に「ハングアウト」がある。この発表には、どのような意図があるのだろうか。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]
ハングアウトの公式Webページ《クリックで拡大》

 Googleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」の基調講演で「Google ハングアウト」の言及はなかった。ハングアウトは、既に稼働していて、Googleも力を入れ開発者が改良に取り組んでいる。だがGoogle I/O 2016は、コンシューマー向けの発表が大半であり、ハングアウトは、今やエンタープライズ向けのアプリケーションとなった。

 Google I/O 2016まで、ハングアウトは、コンシューマー向けメッセージングと法人向け統合コミュニケーション(UC)の両面を持つアプリケーションだった。ハングアウトはMicrosoftのコンシューマー向け「Skype」と「Skype for Business」に似ている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」...

news041.jpg

緊急事態宣言解除後の2021年10月、ドラッグストア&食品スーパーで売れたモノ――True Data調査
緊急事態宣言解除後の人々の生活様式はどう変化したのでしょうか。