2016年05月21日 07時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネスユーザーからの期待大「Android N」搭載のスマホならバッテリー切れの心配なし? ユーザーを魅了する3つの機能とは

「Android 7.0」(コードネーム:Android N)のリリースが近づいている。Android Nでは、「Android for Work」をはじめとする機能が向上している。Androidの専門家が新機能について解説する。

[Erin Dale,TechTarget]
AndroidのWebサイトでは、「N」から始まるお菓子の名前で次期OSの名前を募集中《クリックで拡大》

 Googleが次期「Android」のβ版「Android 7.0」(コードネーム:Android N)を公開したことで、Nexus端末を持っているAndroidの専門家とファンは、正式版リリースの前にAndroid Nを試すことができるようになった。

 Android Nでは、BYOD(私物端末の業務利用)をサポートするサービス「Android for Work」と省電力機能「Doze」に幾つかの更新が加えられている。スマートフォンやタブレットを使用していないときに端末をスリープ状態にする一連の機能Dozeは、ビジネスユーザーの関心を引くだろうとジャック・ワレン氏は語る。ただし、Android Nの変更はどれも不確定事項である。そのため、GoogleがAndroid Nを正式にリリースするまで、これらの多くは推測にすぎないとワレン氏はいう。なお、Android Nのリリースは、2016年の夏か秋になることが予想されている。

 本稿では、Android、Linux、モバイルなどを専門分野とするフリーランスライターのワレン氏が、ビジネスユーザーが次期Android OSに期待できることについて解説する。

――Android Nの機能は、最新OS「Android 6.0 Marshmallow」からどう進化していますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

「市ケ谷」「千駄ケ谷」「阿佐ケ谷」 謎のポスターの認知率は約6割――LINE調査
2019年6月にJR中央線の幾つかの駅で掲示された不思議なポスターの認知率を調査した結果。

news028.jpg

SAPが80億ドルで買収したQualtrics、メルカリも活用するXM(Experience Management)とは
2019年1月、SAPはアンケート調査ツールを提供するQualtricsを80億ドルで買収した。「SAP ...

news149.jpg

シャノンが日本郵政グループのJPメディアダイレクトと連携、DM×MA施策を共同提供
DMの自動印刷・発送機能とMAサービスの連携および共同マーケティング活動を開始。